2021年 シニアの突撃へら釣り日誌

釣果データ2021年6月18日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 36 累計2,980枚。釣行56回。53/回。余り12枚。クチボソ15尾。ザリガニ1

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1300分。7時間00分の釣り。早上がり。5.14/1時間。底釣りは食い渋りだと感じました。

朝の水温 24℃ 1℃下がりました。

朝の気温 18 午後1時半で28℃。晴れ、北風、南風など風が回りました。パラソル使用。

釣り座 114 空いていたので座りましたが不発でした。

ウキ 尺半 #9 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺→16尺→景仙13。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。13尺と16尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

私としては予想外の食い渋り。クチボソが凄いです。なるべく元エサのママでしっかりと押してハリにしっかりと付けてクチボソアタリを見逃す作戦でした。

10尺で20枚を釣りました。そこでザリガニを釣ってしまいました。クチボソとザリガニでもう嫌になって16尺を出しました。避難したわけです。16尺で5枚を釣りました。ここもクチボソで凄いです。私としては相当辛抱したのです。

そこで13尺にしました。11枚を釣りました。だんだんとクチボソアタリが少なくなってきました。ですから、これからの時間帯が期待できたわけです。

しかしながら、将棋の棋聖戦の様子が気になってしまって仕方ないです。思い切って午後1時に納竿しました。またまた別の日に釣りをすればいいからです。明日があるさっ、という具合です。

釣果はもやもやした感じでしたが、棋聖戦は藤井惣太二冠が勝利いたしました。万歳でした。私の孫のような青年、よくやった。

釣果データ2021年6月16日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 65 累計2,944枚。釣行55回。53/回。余り29枚。クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1315分。7時間15分の釣り。早上がり。8.96/1時間。雨がポツポツ来ましたので急いで納竿しました。

朝の水温 25℃ 少しずつ毎回高くなっています。

朝の気温 20 午後1時半で25℃。曇り、南東の風微風、時々やや強く吹きました。パラソル使用。薄日もさして暑いくらいでした。雨がポツポツきたのでパラソルを濡らしたくなくて納竿。身体も濡れるので中止。朝、雨が降っていればテントを出したはずでした。

釣り座 23 実績のある釣り座です。釣り人が少ないだろうと思ってここに座りました。

ウキ 尺半 #9 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

この釣り座は8尺と9尺は根掛かりがガリガリでしたので10尺を出しました。朝一のタナ取りで判明。

ヘラはとてもよく寄ったと感じました。しかしながら、それ以上に、クチボソの攻撃が極端に多いです。投入する場所のエサが落ちる付近はクチボソの大群がひしめいていて、きらきらとヒラを打つのが双眼鏡で見えるのです

そこで、エサは元エサのママ小分けしたものを5回ほどしっかりと押してそれをやや大きめにハリにしっかりと付けて投入しました。底へ届くまでにクチボソに触られて小さくなってしまうからです。

ウキが立ちますと、クチボソアタリを見逃していると、ドンと入るアタリ、ズズッと食い上げアタリ、消し込みアタリなどが多発いたしました。

本日は釣り人が少なかったせいでしょうか、どなたの周辺にもクチボソが群がってしまったようです。

宿はクチボソの駆除をしているようですが、クチボソの産卵だとかで、動きは活発なように思いました。

本日は、雷注意報が出ていましたので、雲の様子を見ながら、冷たい風がやや強く吹いて雨が降ってきたら中止しようと身構えていましたので、115分に「サッ」と道具を仕舞って納竿致しました。

釣れるペースとしては10/1時間前後ということで、なかなか入れ食いタイムがなかったので、大釣りは後日の楽しみということで、本日は早上がりしました。

釣果データ2021年6月14日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 111 累計2,879枚。釣行54回。53/回。余り17枚。クチボソ1尾。100枚以上今シーズン7回目。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分まで9時間00分の釣り。12.33/1時間2時半納竿予定でしたが納竿間際に入れ食いになってしまって30分延長しました。

朝の水温 24.5℃ 

朝の気温 20 午後3時半で22℃。雨、ときどき曇り、正午前から午後になってやや強く降りました。南の風少々、気になりませんでした。風と雨が強まってから涼しすぎるくらいになりました。テント使用。

釣り座 25 実績のある釣り座です。本日のような天候なので座ることができました。

ウキ 尺半 #9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺→景仙14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.614尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日はどなたも釣れていたようですので、私が納竿するときに全員がまだ釣っていました。上ったのは私だけ

みなさんが納竿しないということは、理由の一つに「釣れているから」というのが絶対にあったと思うのです。

本日のようなヘラの活性が比較的に高い日に当たりますと、釣りを止めたくないです。

私は、4時まで釣るか、釣らないか、と逡巡して、結局のところ、体力温存ということで3時に納竿致しました。

予定の8時間の釣り、ということからすれば、1時間も延長したことになりました。

100枚を超しましたので2時半に上るつもりだったのですが、2時過ぎから入れ食い状態になってしまったので30分延長しました。

本日は午前中5時間がとても良い釣りで、中だるみ時間があって、午後1時前から食いが復活いたしました。

原因はやや強い降雨だったと思いました。上ヅリ加減のヘラが雨で鎮まったと感じています

本日は月曜日で、雨降りということで、風も吹かず、好条件なので、期待して釣行致しました。今年の100枚釣りはほとんどが月曜日の釣果です。なぜか活性がわりと高い日になっているようです

本日のエサは元エサを小分けして@5回ほど押すA@のエサに上に手水を足してひっくり返して下の部分に手水を足してそれを軽く5回ほど練ったもの、の2種類で終日釣りました。水分補給は極めて控えめに致しました。空ツンが多くなったらAのエサに切替え、上ヅリ加減になったら@のエサにする、という一日でした。

朝一は9尺で45枚を釣って、食いアタリが少なくなったので14尺にしました。14尺で61枚を釣りましたが、途中食い渋り時間があった時に12尺にして5枚を釣りました。この釣り座は12尺がとても深くて14尺の方がずっと浅いです。本日は手元の浅い所と14尺の浅い所で釣れたということです。12尺は気に入りませんでした。

型は混じりですが、大型がたくさん釣れました。14尺でダブルが3回ありましたがテントなので取り込みがとても大変でした。

釣果データ2021年6月12日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 48 累計2,768枚。釣行53回。52/回。余り12枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。6/1時間

朝の水温 24℃ 

朝の気温 18 午後2時半で28℃。曇りときどき晴れ。南の風。朝一の2時間はとても涼しかったです。

釣り座 71 実績のある釣り座ですが、今シーズンは100枚以上釣れていないです。

ウキ 尺半 #9#8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙12尺、景仙・桔梗9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

前回と同様のペースでした。

朝一は12尺を出してみました。振りきると前方の工事用台船に届きます。

集金があるまではとてもよく釣れました。ツンツンと入ったのです。この釣り座は屋根がついていますので日影になっていいのですが、ときどき、サオがカチンと屋根に当ります。サオを気にする人はどうでしょうか。

対岸に宙の人が来ました。その頃になってポツンポツンの食いアタリになりました。丁度いいか、と思って9尺にしました。

やり始めはツンツンと良く入りました。続けて5枚も釣れました。そのあとはまたまたぽつぽつの釣りでした。それでも途切れなく釣れましたので辛抱できました。

型は混じりでした。特別大きいのはいませんでした。

ヘラのご機嫌が良い日に当たりたいのですが、それがなかなかどうして、そのようにはなりません。

釣果データ2021610日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 50 累計2,720枚。釣行52回。52/回。余り16枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。6.25/1時間

朝の水温 24℃ 

朝の気温 18 午後2時半で30℃。晴れ。東寄りの風。朝一の2時間はとても涼しかったです。タオルを首に巻きました。パラソル使用。

釣り座 110 

ウキ 尺半 #9#10#8 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺、景仙13尺、景仙・桔梗9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。13尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+ペレット20cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

エサにペレットを加えてみました。幸にクチボソの活動が少ないようでとてもよくナジミが出ました。試しに真冬に使う#8のウキで釣りましたが問題なく釣りができました

10尺で釣り始めて25枚まで釣って、それで、アタリが遠くなりました。せっかちですので、ヘラの回遊を待っていられなくて、13尺を出しました。この位置は底浚いの結果でデコボコでタナ取りに苦労しました。3枚釣りましたが、あとはクチボソアタリでしたので中止して9尺にしました。

クチボソが少ないようなので#8の小さなウキで釣りました。目の前でしたので釣りやすいです。半分は消し込みアタリでした。22枚を釣って2時になったので暑いこともあって納竿致しました。

エサは元エサを小分けして@手水を1回だけ足して5回程度軽く押したものA手水を足しながら柔らかくなるようにしっかりと練ったもの、の2種類で終日釣りました。

食いアタリはしっかりとツン、ドン、カチッ、食い上げなど多彩でした。ただ、ある程度の数を釣ってしまうとヘラの補充が足りなかったと思いました。

私の右に底釣りが二人で9時頃から一人は宙釣り、私の左に底釣りが二人で9時過ぎから二人とも宙釣りになってしまいました。

本日の釣れ具合は周囲の様子からこのようなものだと感じました。

釣果データ2021年6月8日(火)分

白井市の水光園 ヘラ 61 累計2,670枚。釣行51回。52/回。余り18枚。クチボソ1尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。7.625/1時間

朝の水温 23℃ 

朝の気温 18 午後2時半で31。晴れ。南東の風。日向は暑いです。パラソル使用。

釣り座 105 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺、景仙13。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。13尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

基本的には食い渋りと思いました。最終的に底釣りは私一人になってしまいました。底から宙に変更した人がいたからです。

私の感じではヘラの寄りが鈍いのだと思いました。釣れる時は釣れるのです。24枚釣るとその後がいけません。クチボソと思われる上下動です。ザリガニはいないと考えていますのでクチボソアタリと思いました。

エサは柔らかく大きくつけたり固くして小さく付けたりといろいろやってみました。

空ツンが多いです。10尺ザオでは小型が主流。13尺で44.5cmの大型を1枚釣り上げました。手元に寄らず苦労しました。桟橋へ上げてスケールで測りました。

水温も23℃が連日になりましたのでエサのブレンドを調整しようかと思っています。

10尺で21枚を釣って、上下動だけになったので、13尺にして35枚を釣って、またまた、10尺に戻して2時まで釣りました。

本日は宙の方はまずまず釣れていたと思いました。悔しいですけどその通りでした。私の右手でカッツケ釣りの人が二人並んで釣れていました。話し声が楽し気でした。

私の左に底から宙にしてしまった人がおられました。

 

釣果データ2021年6月5日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 43 累計2,609枚。釣行50回。52/回。余り9枚。クチボソ1尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。5.05/1時間本日はとても食い渋ったと感じました

朝の水温 23℃ 

朝の気温 18 午後3時で24℃。曇りときどき晴れ。朝から東寄りの風が少々。釣りの邪魔になりませんでした。涼しいです。

釣り座 80 過去に100枚の実績のある釣り座でしたが本日は不発でした。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は食い渋ったと思います。朝一からカラツンのオンパレード。クチボソアタリも多いです。

しかたなく、終日「誘いをかけた釣り」をいたしました。ともかく、ウキが馴染んでから15秒ほどウキを観察していて、クチボソアタリだと思ったら、手前にツンツンとサオを引いて誘いにしました。誘いは単発のこともあるし、単発を23回することもあるし、ツンツン、ツンツンと続けて23回ほど誘いをすることもありました。

ともかく、誘いを掛ければドンあるいはカチンというアタリが出ました。本日の釣果の85%ほどは誘いをかけて釣ったもの

エサは誘いを78回程やってもハリ残りしているように手直しして使いました。

元エサのママの硬いエサを付けてもクチボソに引っ張りまわされるだけでした。普通は食い渋りのときにこのようなエサであれば待っていればカチッと入るものですが、本日はいかにもクチボソが凄かったです。

誘った場合の食いアタリは「アワヅケ」しているときに有効でした。アワヅケがなくなってしまうといくら誘っても食いアタリは出ませんでした。

私の左にウドンの底釣りが一人、ポツポツ、右にウドンの底釣りから両ダンゴにした人が一人、ポツポツ、対岸は3人グループで宙釣り、ポツポツ、対岸のその他は宙釣りばかりの人たちばかりでした。私の側は3名を除いてあとは宙の人ばかりでした。私の右の人は両ウドンでしたが、そのすぐ右に宙の人が3人入ってしまってから両ダンゴに変更して釣っていました。早上がりしてしまいました。気の毒に思いました。

本日は見渡した範囲内ではみなさん宙釣りが多いと思いました。

釣果データ2021年6月2日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 64 累計2,566枚。釣行49回。52/回。余り18枚。クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。8/1時間

朝の水温 22℃ ヘラの適水温の上限です。

朝の気温 16 午後2時半で26℃。曇りときどき晴れ。朝無風状態、正午前から南寄りの風が少々。釣りの邪魔になった時間帯が3回ありました。

釣り座 107 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺→8尺→10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

一昨日のことを考えたら本日は食い渋りといえますが、いつものように戻った、というのが実情だと思いました。

ヘラの活性がやや低くなってキレのよい食いアタリが少なくなっただけです。

朝一は良く釣れましたが15枚釣ったところでヘラのアタリがとても少なくなってしまいました。いなくなったと思いました。

そこで8尺を出しました。幸に手元で底がとれました。12枚釣ったらこれまたヘラのアタリが遠のいてしまいました。

ヘラの回遊が回復するのを待つしかないと思いました。時間が経てば状況が変化して(希望的観測です)ヘラが回遊してくると期待したのです。そして10尺に戻しました。風がときどき強まるので長いサオは出さなかったです。

エサは良く練って手水を足してふっくらしたエサをやや大きくつけて釣りました。ときおり元エサのママのエサをギュッと強く押してそれをやや小さく付けて釣りました。両方のエサを使い分けながらポツポツポツと釣りました。入れ食いにはなりませんでした。せいぜい23枚続けて釣れるのが何回かあっただけでした。

本日は私の右左にいた人がすべてが底釣り、こんなことも珍しいです。対岸は3人組で宙は一人で二人は底釣り。皆さん共にポツポツと釣れていたと思いました。

本日は一昨日のような入れ食いタイムがなかったので、エサ打ちをかなりしていたのですが数は伸びませんでした。

スレが6枚もありました。本日の場合は仕方ないかと思いました。

私ごとですが、昨日コロナのワクチン1回目を接種致しました。本日の体調は普通です。朝の目覚めがとてもよかったので釣りをいたしました。2回目の予約も本日完了いたしました。1回目の接種1000万人になったと報道されていましたが、私もそのうちの一人になりました。
釣果データ2021年5月31日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 106 累計2,502枚。釣行48回。52/回。余り6枚。クチボソ6尾。100枚以上今季6回目。本日はヘラの活性高く、幸運に恵まれた一日でした

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。12.47/1時間。食いの悪い時間帯が3回ありました。

朝の水温 22℃ ヘラの適水温の上限です。

朝の気温 15 午後3時で24℃。晴れときどき曇り。朝無風状態、正午前から東寄りの風が少々。釣りの邪魔にはなりませんでした。

釣り座 108 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→14尺。10尺は道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。14尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は幸運だと感じています。チャンスをものにできた喜びが大きいです

朝一でアワヅケが凄いです。ヒョットしたらと感じました。そこで一日分のエサを作ってしまいました。長時間作ったエサを使うと経時変化でエサに少し粘りが出る可能性があるのですが「かまうものか」ということで、釣りの手返し優先で、途中でエサづくりのロスタイムをなくす算段でした。

幸いに朝一から3時間は入れ食いで、ダブルが4回、クチボソとヘラのダブルが2回、ということで9時過ぎには50枚弱になっていました。

9時から9時半まで食いの悪い時間帯があり、エサ打ち優先で過ごしました。10時過ぎから11時半までがカチンカチンとウキが沈んで正午過ぎまでに85枚を釣りました。本日はいただきだ、と思いました。それがいけなかったのでしょうか、急に食い渋りになってしまいました。いつもは正午からの2時間はよく釣れていたのですが、本日は逆です。辛抱しながらポッツンポッツンの釣りをやりました。午後140分でようやく101枚まで釣りました。我ながらよく釣ったと思いました。

10尺で食いが悪くなってしまいましたので、思い切って14尺を出しました。しかしこのサオでも食いアタリは渋くて、2時半までの1時間弱で5枚の釣果でした。

エサも残り少なくなりましたので納竿しました。

本日の私のエサは@元エサのママA @を5回ほど軽く押すB @を手水を足しながら柔らかくなるまで練りました。これは水分は少なめにしました。以上三つのパターンのエサを作っておいてウキの動き具合をみながら使い分けをしました。どのエサでも平均に釣ったと感じています。

カチン、ドン、食い上げアタリが頻発致しました。大釣りできる時はアタリが気持ちがいいです。

エサは2回分800ccを作り、納竿のときに50cc程度の余りだったです。エサ打ちはしっかりできたと思っています

私の右に底釣りが二人、短ザオと長ザオ、それぞれよく釣れていたと思いました。私の左に短ザオの宙釣り、釣れていたと思いました。対岸に宙釣りの3人のグループ、ほとんど釣れっぱなし、対岸のトイレの近くに宙と底が1人ずつ、釣れていたと思いました。

本日は私だけが釣れたのではないと思いました。ただ、私の場合は「しゃかり気になって」釣っただけです。それが可能なヘラの状態だったと思います。

釣果データ2021年5月28日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 60 累計2,396枚。釣行47回。50/回。余り46枚。クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。7.5/1時間。体力維持を優先して早く上がりました。

朝の水温 21℃ 昨日の雨で1℃下がっていました。

朝の気温 15 午後2時半で24℃。曇りときどき晴れ。朝無風状態、午後南寄りの風少々。釣りの邪魔にはなりませんでした。

釣り座 109 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗14尺→1010尺は道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。14尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

予想外に風が静かでしたので、14尺を出してみました。風が強まったら10尺にするつもりでした。

14尺で30枚まで釣れました。エサはやや硬めで私としては普通サイズにハリに付けました。わりとよく釣れました。対岸の真正面にあとからきたグループ3人が座りました。私の前の人は18尺を出しました。そこまでは良かったのですが、11時頃に宙に変更したのです。ですから、これはいずれまずくなる、と考えて、私は10尺に変更したのです。臨機応変です。14尺の底と18尺の宙が向かい合って釣ったら私の底釣りがペースダウンするのは目に見えていたからです。

10尺に替えてからちょうど30枚を釣って納竿しました。

あいかわらずクチボソアタリが多いです。小さな硬いエサで釣れるのは最初から5枚くらいで、いきなり、クチボソアタリになってしまいました。14尺の場合は釣れ続いたのですが、10尺では5枚釣ってお終い。そこで、小分けした元エサを手水を足しながらよく練りました。軟らかいふっくらした粘りのあるエサにしました。それを私としては、とても大きくつけて、クチボソに触られてもカウント40くらいまではエサ落ち目盛りが出ない状態をキープしました。食いアタリは消し込みアタリが多く、次はドンと入るアタリでした。

結構釣り人は多かったですが、始めは全員が底釣り。10時過ぎ頃から3名が宙に変更していました。

本日は食い渋りだったと皆さん仰っていました。会話しているので聞こえるのです。

私はポツポツと釣れました。スレが別に6枚ありました。

釣果データ2021年5月26日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 65 累計2,336枚。釣行46回。50/回。余り36枚。クチボソ5尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。8.125/1時間

朝の水温 22 

朝の気温 16 午後2時半で26℃。晴れ。朝無風状態、のち北寄りの風、のち南寄りの風。

釣り座 71 好天の日に座ってみたら暑さを避けていました。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

ヘラの動きがもう少し活発だといいな、と感じました。とびとびにクチボソアタリと思われるアタリだけになってしまいました。それでも釣れる時は34枚を続けて釣ることができましたが、その後は間が空いてしまいました。

それでも時速8枚ペースでしたので贅沢は禁物だと思いました。午前中は手の平サイズのヘラ2枚を含む小型と中型のヘラばかり。午後は新ベラ級の大型がたくさん釣れてきました。前回よりは釣り応えがあったと思いました。

私の右に底釣りが二人、入口方面は宙と底。みなさんそれぞれに釣れたようにお見受けいたしました。クチボソアタリに邪魔されたと残念がっているのは私ともう一人の顔見知りの人だけ。

池の清掃作業中で釣りができないエリアがありました。次回以降は多分奥の池になるかと思っています。

釣果データ2021年5月24日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 82 累計2,271枚。釣行45回。50/回。余り21枚。クチボソ6尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。9.64/1時間

朝の水温 21℃ 

朝の気温 21 午後3時で27℃。午前中無風、午後南風少々。

釣り座 79 このところ御無沙汰している釣り座に座ってみました。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺→8尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。ハリスを少し短くしました

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ダンゴの底釣り芯華100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りましたA(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。

ヘラスイミーの替りにダンゴの底釣り芯華を使ってみました。このエサで25枚を釣ってからAのエサに戻しました。いろいろと工夫の余地があると思ったからです。

また、本日の釣れ具合であれば100枚に到達できたかと思ったような日並でした。私の釣り方がいまいち、ヘラに合わなかったようでした。

100枚釣りを逃したという気持ちがありますが、それは私としての経験からいうと@釣り座AエサB体力C風向と風力で、あとはDヘラの活性次第というところです。

本日のヘラはまずまずよくエサにアタックしていたと思いました。

本日は朝の始まりがちょっと早かったので2時過ぎに納竿致しました。体力温存。

釣果データ2021年5月21日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 60 累計2,189枚。釣行44回。49/回。余り33枚。クチボソ19

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。7.5/1時間。クチボソに邪魔されながらもまずまずコンスタントに釣ったと感じました。

朝の水温 21℃ 

朝の気温 21 午後2時半で23℃。朝から小雨、終日強くは降りませんでした。風は南風または南西の風の暴風。これではまともに嵐です。

釣り座 71 大風予想でしたのでこの席にしました。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

クチボソアタリが多いので、エサが小さいとすぐになくなってしまうし、固くしてもウキを持ちあげてしまって困るのです。そこで手水を足して押して練ってを繰り返して水分の多い柔らかいエサを作りました。結構、粘りを出していい感じです。それを私としてはかなり大きくつけて振り込みました。

エサが水分が多くてハリに付けたエサが大きい分さすがにしっかりとナジミました。後はクチボソアタリを見逃してドン、ツンのアタリだけを待ちました。本日はエサ落ち目盛りが出てからのチクッのアタリがとてもよく釣れました。風が強くて波がある時はチクッのアタリは見逃してしまっていました。わからないのです。仕方ないです。

釣れたヘラは本日は新ベラサイズの大型はまったく釣れませんでした。普段はこの席は新ベラサイズがたくさん釣れるのです。お隣さんが宙と底で二人並んで例会ための試し釣りということでテントを張ってぽつぽつ釣れていましたので声をかけて聞いたところ、やはり、大型は皆無ということでした。大型はどこかに引きこもってしまって回遊してこなかったのでした。

私は大型ゼロで、3038cmほどの中型が10%位、あとは2025センチくらいの小型の部類に入るヘラで、しかも、ガリベラが多数釣れました。こんなこともとても珍しいです。釣っても釣ってもガリベラばかり、とお隣さんに愚痴をゆったところ、そちらも同様だったと聞きました。

こんな日も珍しいと感じました。ともかく宙釣りで釣れてくるようなガリベラと小型ヘラが口の曲がったものを含めて多数釣れたものですから、私としては数が釣れれば、アタリを楽しめましたのでそれはそれでよかったと思っています。それから15cm程度のミニヘラが2枚釣れました。可愛いヘラです。アタリは一人前。玉網不要。

釣果データ2021年5月19日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 64 累計2,129枚。釣行43回。49/回。余り22枚。クチボソ8尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。7.52/1時間ただし、正午前から午後1時までの1時間ちょっとで15枚を釣りましたので(私が言うヘラのランチタイム)、それを除くと49枚を7時間半で釣ったことになり、6.5/1時間のペースでした。おおよそ10分に1枚のペース。ランチタイムがなければ50枚ちょっと/日で本日は終わりでした。期待に反して何となく欲求不満気味の一日でした。

朝の水温 21℃ 水温に不服はありません。

朝の気温 16 午後2時半で18℃。無風状態。朝から霧雨、小雨、正午前から水面を叩くような本降りが1時間ちょっと続きました。本降りの間に入れ食いになりました。

釣り座 116 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。元エサを小分けして@手水を足して柔らかくなるまでしっかりと練りました。大きくエサ付けして釣れました。A元エサのママで練らないで普通にエサ付けしました。ほとんど@のエサで釣れました。

本日は朝一からヘラが良く釣れました。ただし、ガリベラが何枚か交りました。大型はいないです。いい気持でいられたのは11枚までで、その後はポツンポツン、クチボソアタリがとても多いです。エサのタッチをいろいろと試しましたが、結局のところ@のエサでOKでした。

ウキを3cm4cmほど上にあげて、前方へ振り込んでトップ目盛り3目盛り出し位になじませて、徐々にウキが戻る間のツンを待って釣りました。

正午前から水面を叩くような本降りが1時間半ほど続きましたが、その間に入れ食いタイムがあり15枚も釣れました。この時間がなければ50枚ちょっとで本日は終わりでした

右に底釣りが一人、対岸に宙釣りが3人、奥の池に底釣りが一人でした。全体に釣り人は少なかったです。皆さんぽつぽつ釣れていたように思いました。

釣果データ2021年5月17日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 45 累計2,065枚。釣行42回。49/回。余り7枚。クチボソ24

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。5.625/1時間

朝の水温 21℃ 

朝の気温 21 午後2時半で23℃。曇りときどき小雨。南風の暴風。風はすごいです。

釣り座 71 釣り座に屋根がかかりましたので座ってみました。本日の雨ならば大丈夫でした。テントもパラソルも使いませんでした。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→8尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。元エサを小分けして@手水を足して柔らかくなるまでしっかりと練りました。大きくエサ付けしました。A5回ほど押しただけで練らないでやや小さくエサ付けしました。

本日は天気情報通りの暴風。雨は弱かったです。71番の釣り座で雨風をしのぐことができました。テントもパラソルも使用せず。

1尾目がクチボソ、本日はクチボソだけで24尾も釣れてしまいました。これが全部ヘラだったらと思いました。

底釣りが二人だけ。さすがに本日はお客さんが少ないです。それを狙っての釣行でしたが、いかんせん、ヘラの動きがとても鈍かったと感じています。他のお客さんも同意見。

食いアタリは間が空いて少なかったですが、しっかりと、ドンと目の覚めるようなアタリが出ました。

クチボソアタリが多かったので昼前から8尺に替えて釣りました。

釣果データ2021年5月14日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 72 累計2,020枚。釣行41回。49/回。余り11枚。クチボソ11尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。8.47/1時間612時、47枚、7.83/1時間。121430分、25枚、10/1時間。午前中はクチボソの攻撃激しくエサ合わせ不発。

朝の水温 20 

朝の気温 16 午後3時で26℃。無風状態、釣り日和。

釣り座 41 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→9尺→13尺→9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。サオの変更はクチボソアタリが多くなりヘラの食いアタリが極端に少なくなった時点でサオ交換して対処しました。10尺(20枚クチボソ4尾)、9尺(22枚クチボソ3尾)、13尺(5枚クチボソ2尾)、9尺(25枚クチボソ2尾)。クチボソが釣れた時点でサオ交換を実施。私はこらえ性がないと思いますのでせっかち。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc2回目は160cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

正午前後からの入れ食いタイム(ランチタイム)が2時間半で25枚(時速10枚)ということで、私が言う入れ食い(時速1520枚)には程遠い釣果でした。

本日はクチボソがとても多くてサオ交換してもヘラを5枚ほど釣るとワッと寄ってしまう状態でした。これはエサのタッチを加減して対処するわけですが、本日の私は午前中11時過ぎまでは元エサの手直しが必ずしも成功したとは言えない釣れ具合でした。

そこで11時頃に水160ccのブレンドで新しい元エサを作り、小分けした元エサを指の平で5回ほど押して(練らない)、それをやや大きくエサ付けして釣りました。このエサのタッチはしっとりボソで本日のヘラとクチボソに合ったようで、午後からはクチボソアタリの合間にヘラの食いアタリがドンと入るようになりました。

私の右に宙、底各1、左に宙釣り、対岸に宙宙底底宙ということで底釣りの人はぽつぽつと釣れていたようでしたが、聞いてみると、クチボソアタリが多いとのことでした。

私は70枚に乗せたかったので2時半まで釣りました。私の友人が来ていて底釣りでした。

釣果データ2021年5月12日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計1,948枚。釣行40回。48/回。余り28枚。クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。8.23/1時間

朝の水温 19 下がっていました。

朝の気温 13 午後3時で21℃。北東・東・南東などの風がかわるがわる吹きました。風はやや強かったです。左からの風波で釣り辛い時間帯が結構出てしまいました。風の強さは予定外。

釣り座 48 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

なかなか思うような釣りになりませんでした。朝一の3時間は良く釣れて、その後は11時過ぎまで食い渋り、クチボソ4尾を釣る。その後はぽつぽつと釣れて正午で55枚。食い渋りの中、我ながら良く釣ったと思いました。

なーんだ、一昨日と同じペースだ、と思いましたが、本日の違いは正午からの入れ食いタイムがありませんでした。午後から2時間半で15枚プラス、6/1時間。

本日は2時に上ろうと思っていたところ、2時少し前から急にウキがドンドンと力強く沈むようになりました。ついつい釣ってしまって2時半に納竿しました。

このように納竿近くで急に食いが良くなって釣れてくるヘラを、私は「営業ベラ」と名付けています。本日はまさに営業ベラを5枚も立て続けに釣って、終わりよければすべてよし、ということで気分よく納竿することができました。気分を良くしてくれるのが営業ベラなのです。

私の左に宙釣りが1人、良く釣れていたと思いました。その左に長ザオの底釣り、ポツンポツン、対岸に宙釣りが二人でぽつぽつ釣れていたと思いました。

私は食い渋り時間が長かったことと入れ食いタイムがなかったことで数は伸びませんでした。

釣果データ2021510日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 106 累計1,878枚。釣行39回。48/回。余り6枚。クチボソ1尾。100枚以上今季5回目。本日は幸運だったと感じています

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1545分まで9時間45分の釣り。10.87/1時間。正午から2時までの2時間で37枚も釣れました。すっかりやる気になって345分まで釣ってしまいました。

朝の水温 20 いよいよ20℃になりました。

朝の気温 14 午後4時で24℃。西北西の風やや強く右斜め前から手前への押し波、11時過ぎからは南西の風がやや強く右から左へウキがシモリました。風を「幸いとして」釣りをしました

釣り座 41 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 水温が20℃なので、ひょっとしたらひょっとすると思って#10を出しました。結果オーライで成功でした。

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。小分けしたエサを手水を足して水分補給しながら押して練って柔らかく粘りのあるエサに仕上げました。本日のエサはこのタッチが最高に釣れました。本日のエサの消費量はとても多かったです

#10のウキで夏バージョンの釣りをしました。これまでのウキよりもトップが太い、ボディが太くて長い、従ってオモリの量が多い、ということでエサ付けをやや大きくして勝負いたしました。ウキの立ち姿がこれまでと違うので#10のウキに慣れようと努力いたしました。

結果としてヘラがたくさん寄ったと感じていますが、これには説明が必要です。

朝から風と波があり、ときおり突風のように強く吹きますので波立ってしまってウキがもまれてしまってアタリの有無が良く分かりません。

しかし、ときおりツンとしっかり沈むアタリが見えましたので波が高いときはそれを待ちました。そんな時は空振りも多いので「寄せエサ打ち」を積極的にしている形になりました。風と波が弱くなったときに「入れ食い状態」になって46枚がすぐに釣れるのです。こんな間にダブルがとびとびで4回もありました。

ということは風と波対策をしている間に結果としてヘラがたくさん寄ってきたのだと思ったのです。

それでも正午で53枚でしたので8.8/1時間のペースでした。

ところがです、正午から2時までの2時間で37枚の入れ食いタイムがあったのです。私がいつも言っている「ランチタイム」というやつです。本日はヘラのランチタイムがまっとりとありました。

そのためすっかり「やる気になって」、いつもは2時半頃には納竿してしまうのに、とうとう、345分まで目いっぱい釣ってしまいました。アタリが明確に出るので楽しくて止められなかったのです。

周囲の人たちも釣れていたようにお見受けいたしました。宙の人は束釣りの方は何人かいたのではないでしょうか。釣れすぎたと言って宙から底に変更した人もいたのです。

私の家族などはいつもの時間に帰ってこないので、きっと100枚釣るんだということで頑張っちゃってるのかも、と噂していたとのことでした。推測の通りで当りでした。

私が納竿した時点でまだ数人が釣りをしていました。こんな釣れる日に早上がりするなんてもったいないとみなさんもきっと思っていたのだと思います。

釣果データ2021年5月7日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 67 累計1,772枚。釣行38回。46/回。余り24枚。クチボソ2尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。8.375/1時間。14時前に雨が降り出しましたので納竿。

朝の水温 19 

朝の気温 13 午後3時で20℃。無風状態、釣り日和。午後2時前になって雨が降り出しましたので納竿しました。あと1時間釣りをしたかったです。70枚をオーバーできたと残念でした。

釣り座 82 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→9尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

しばらくぶりの釣り座。

10尺で30枚を釣ったところで9尺にしました。雨が早く降るかも、という気持ちで準備のため。

朝の3時間は時速68枚ということで、30枚になったところで9尺にしてみました。雨対策。

ウキが近くて私の反応が早いです。

朝一の食いアタリが渋かったので、本日は50枚超を目標にしました。8枚平均だと8時間で64枚の計算ですが、1時間7枚弱平均というペースでした。

9尺にしてからもポツポツでしたが、11時〜1230分にかけて入れ食いタイムがあって22枚を釣りました。14.6/1時間のハイペースでした。

12時半過ぎから1時間は食い渋りになってしまって、これは前回と同様でしたが、雨が降る30分前は食いが戻りました。

入れ食いタイムがもう1時間どこかであれば嬉しかったのですが、それは実現しませんでした。

私の友人が対岸で釣っていて、私が3時に帰るときに60枚をこしていましたので、とてもよく釣れたと感心致しました。嬉しいです。雨で納竿の人が何人かおられました。私もそのうちの一人。

釣果データ202155日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 75 累計1,705枚。釣行37回。46/回。余り3枚。クチボソ1尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。8.82/1時間

朝の水温 18℃ 

朝の気温 16 午後3時で19℃。朝から南風の暴風。11時過ぎからパラパラと雨が降ったりやんだり。カッパを出しました。この釣り座は作業中なのでパラソルとテントが出せませんでした。

釣り座 71 取り込みに難がある釣り座です。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

風は仕方ないと思っていました。しかしながら凄い暴風。とっても凄いです。私の釣り座はゴミをかき分けながら釣りは出来ました。

ウキを#10でエサ打ちしましたが、ウキは動きますが食いアタリが出ません。これはきっと食いが渋いのだろうと思って#8のウキにしました。本日はクチボソが少なくてウキはしっかりとナジミます。アタリは小さいと感じました。

食いアタリが遠いので「誘って誘って」ということでその間にウキが沈むアタリをとりました。誘わないと食いアタリが遠かったです。エサは誘いを10回やってもハリに残っているような「粘度」といいますか「硬さ」といいますか、その辺の手加減が本日は上手くいったと思いました。エサがうまく合ったわけです。

入れ食いで釣れたのは正午過ぎまでで、61枚を釣りました。10/1時間。12時半過ぎから極端に食い渋りになって対岸の人たちも釣れなくなってしまいました。

仕方ないのでヘラが回遊するのを待つつもりでエサ打ちだけは続行しました。正午から2時半までで14枚でしたので5.6/1時間のぺースになってしまいました。午前中の半分程度の釣れ具合になりました。

2時過ぎにやや強めの雨がバラバラと振り出しましたので、上りベラを釣って思い切って納竿致しました。雨さえなければ3時までは釣りたかったです。

本日は見える範囲内ではどなたもがまずまず釣れたと思いました。ランチタイムが終わったなあ、という声が聞こえました。

私の釣ったヘラのサイズは大型揃いで、最大で44センチありました。小型中型は少ないと感じました。こんないい思いができる日もあるのです。

釣果データ202153日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 32 累計1,630枚。釣行36回。45/回。余り10枚。クチボソ2尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。3.76/1時間。にわか雨があり納竿。

朝の水温 18℃ 

朝の気温 10 午後3時で18℃。朝は西北西の風の強風で釣り辛い、11時過ぎから南風の暴風。午前中寒い。

釣り座 71 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は午前3時前に目が覚めて、急遽、釣りに行く支度をして出かけました。よく眠れていたし、目覚めもよく、体も軽く感じたのです。

釣りそのものはいつもと同じで、ヘラの寄りは良くなかったです。10枚まではポツポツポツポツと釣れていい気分でした。

それからはポツンポツンの食いアタリで、待ち時間が長いです。

71番の釣り座は作業中で、宿の了解を得てから座りました。釣れるヘラが40cmクラスの大型が多数でしたので、取り込みが大変でした。取り込みに「難があり」という釣り座でした。どのように釣り座を改修してくれるのか楽しみにしています。

この釣り座は5月の実績は「しっかりとある」のですが、本日は食い渋りが激しくて釣果は伸びませんでした。

対岸も右側も宙釣りばかり。宙釣りも難しい釣りなんだなあ、と宙釣りの人の釣りを眺めていて思いました。

次回に期待。

釣果データ2021430日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 29 累計1,598枚。釣行35回。45/回。余り23枚。クチボソ28尾。ザリガニ1尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1330分まで7時間30分の釣り。3.86/1時間。

朝の水温 17.5℃ 

朝の気温 15 午後2時で24℃。11時過ぎから南寄りの風の強風でした。

釣り座 117 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗8。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。水は160ccで良かったように思いましたが後の祭り。

本日の私の釣りは「不発」でした。次回に期待。

朝からいきなりクチボソで、間にヘラが交ります。周囲の人たちも長ザオ短ザオいろいろで宙、底とまちまちでしたが、10時頃から宙にした人が何人もいました。

私は風予想でしたので始めから8尺を出しました。これはこれで良かったと思っていますが、ヘラの寄りが少ないと感じました。

あと1枚釣って上りベラにして1時半に上ろうと思いましたが、釣れてきたのは「真赤なザリガニ」ということで、今シーズン2尾目のザリガニを釣ったところで納竿しました。

釣果データ2021年4月28日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 49 累計1,569枚。釣行34回。46/回。余り5枚。クチボソ16尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分まで9時間00分の釣り。5.44/1時間。

朝の水温 17℃ 

朝の気温 12 午後3時半で23℃。9時過ぎから南寄りの風の強風でした。

釣り座 61 南寄りの風予想だったのでこの釣り座にしました。

ウキ 尺半 #8#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

昨日は午前中釣れなかったとの朝一情報。がっかり。

ポツンポツンの釣り。10分で1枚釣れればいい方。クチボソの入れ食い時間帯が何回かありました。

ウキを大きくしてエサをやや固くしてやや大きくつけて、カチンというヘラの食いアタリを待ちました。

ヘラの寄りが多くないようで、13枚釣るとクチボソになってしまいました。それでもエサ打ちだけはしっかりとやりました。

数は伸びませんでしたが、400ccのエサを2回作りましたので、それなりにエサはしっかりと打っていたつもりです。

食い渋りのこともありますので、本日はこれでいいか、ということで、310分前に気持ちがプッツンして納竿致しました。あと1枚釣れれば50枚でしたが気持ちが持ちませんでした。

友人二人の釣果は37枚と28枚ということでとても上手に釣ったと思いました。釣り始め時間が私よりも遅かったことと強風の波と風が邪魔したようで、結果として私とトントン位の釣果になるのだろうと思いました。

去年は4月〜10月まで都合で休釣致しました。ので、去年の同時期のデータはありません。直近6年間の4月の釣果は100枚超を何回もしているのですが今年は2回しか達成できませんでした。

釣果データ2021年4月26日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 74 累計1,520枚。釣行33回。46/回。余り2枚。クチボソ9尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。9.25/1時間。クチボソがうるさいですが、エサ打ちを手返しよくやってヘラの寄りを待ちました

朝の水温 17℃ 1℃高くなっていました。

朝の気温 6 午後2時半で18℃。9時過ぎから北寄りの風の強風でした。

釣り座 118 北寄りの風予想だったのでこの釣り座にしました。正解。日陰ですが、本日は防寒服を着ていて寒いくらいでした。首に釣り用の襟巻を終日付けていました。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

9尺で気持ちよく釣りました。クチボソアタリばっかりの時間帯がとびとびに挟まったので積極的にエサ打ちをしてヘラを寄せる作戦にしました。

ヘラの食いアタリは明確に出ました。クチボソアタリの合間にアタリが出て、1枚釣れると34枚は続けて釣れました。

ダブルが3回もありました。ただ、釣れるペースが途切れ途切れになるのが残念でした

本日は風の中でとてもよく釣ったと思いました。

対岸は宙、宙、底→宙、宙、底ということでした。私の友人が来ていてまずまず釣れたとおっしゃっていました。よかったです。

このところ私はザリガニを釣っていません。店の駆除が効いたのかも知れません。

釣果データ2021年4月23日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 64 累計1,446枚。釣行32回。45/回。余り6枚。クチボソ13尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。8/1時間。ポツポツポツと釣れました。クチボソうるさい。クチボソアタリの合間にヘラの食いアタリが交りましたので油断大敵でした。

朝の水温 16

朝の気温 8 午後2時半で18℃。北東、東などの風がやや強く吹きました。

釣り座 116 東寄りの風予想だったのでこの釣り座にしました。正解。日陰ですが、本日は防寒服を着ていて寒いくらいでした。首に釣り用の襟巻を終日付けていました。奥の池まで波が押していました。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺、桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。2回目は160ccで作り途中からそれをメインにして釣りました。本日はヘラの食いアタリのエサが微妙なタッチだったので水150ccではやや釣り辛いと感じましたので水160ccで早めに作りなおしました。

9尺サオをメインで釣りました。クチボソがとてもうるさい時間帯は10尺サオを出して釣りました。10尺では15枚釣れました。あとはクチボソアタリだけ。そこで9尺に戻して終日釣りました。

本日はエサ合わせがいろいろと苦労しました。結局、水150ccのエサを手直しするのにヘラの食いたいタッチになかなかなりませんでした。そこで早めに水160ccのエサを作ってそれをメインで釣りました。

ちょっとした陽気の具合とか水温とかで違います。ヘラの乗っ込みと産卵は盛期を過ぎたように思いました。

私の周辺は私だけ、左に離れて底釣りと宙釣りが各1名ずつ、ポツポツ、対岸に宙の人が5人と底釣りが二人。ポツポツ。奥池に底釣りが二人、ポツポツ釣れたとの情報。宙の人も私の釣果といいとこ勝負の様子。こんな日もあります。

釣果データ2021年4月21日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 54 累計1,382枚。釣行31回。44/回。余り18枚。クチボソ2尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 615分〜1445分まで8時間30分の釣り。6.35/1時間。二日前の半分のペース

朝の水温 16.5

朝の気温 10 午後3時で24℃。北東、東、南東などの風がやや強く吹きました。釣り辛いです。

釣り座 104 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺、桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

朝一で別の場所に座りましたが、宿の作業の関係で朝一に移動しました。釣り時間が遅くなりました。

本日は午前9時過ぎころから風が強まって流れが出てとても釣り辛くなってしまいました。予定外の強い風。一番奥の池まで風波が押して行くのが見えました。

朝一は良くヒットしてまあまあ釣ったのです。風が出て駄目になったことと、21枚まで釣ったところでヘラの食いアタリがとても少なくなってしまいました。30分ほど経過して辛抱しきれなくなって10尺を出しました。40cm級と思える大型が3枚、中型が4枚釣れました。風が強いので辛抱して振り込みました。そのうちにウキが動かなくなりました。

仕方ないかと思って9尺に戻しました。

エサは小分けした元エサを手水を付けて5回ほど押しました。注意した点は水分は控えめにしたということです。手直ししたエサはやや硬めのしっかりとしたエサ。決してネチネチさせませんでした。水分が多いとクチボソアタリが多くなりました。本日のエサは硬めでしっかりと待つ、という釣りでした。食いアタリはドンとしっかり入りましたが、いかんせん、食いアタリの頻度が少ないです。5枚ほど釣るとクチボソアタリという繰り返しの一日でした。エサはやや小さくつけました。

私の側にズラッと7人も並びました。全員が底釣り。その中に移動する人、宙にする人などがいました。

一昨日、私が104枚釣った場所に私の友人が座りました。前回一緒だった人。釣果はやはり前回の半分だったそうです。早上がり。

対岸は宙釣りの人ばかりでした。これからは日陰になる場所が恋しいです。

釣れるペースはやや遅かったですが、本日は私なりにまずまず釣ったかと思います。次回に期待。

釣果データ2021年4月19日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 104 累計1,328枚。釣行30回。44/回。余り8枚。100枚以上今季4回目。エサ合わせに成功したと感じました。終日、地合いを維持できました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分まで9時間00分の釣り。11.55/1時間。午前中と午後と入れ食い時間帯が2回ありました。ダブル2回。

朝の水温 15℃、1℃下がりました。

朝の気温 12 午後3時半で23℃。西寄りの風がとても強いです。吹いたりやんだり。左から枯葉がたくさん水面を移動してきました。風もゴミも釣りには影響しなかったです。

釣り座 116 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました

朝一の1時間で釣れやすいエサのタッチを見極めることができました。エサ合わせができたと思いました。終日、そのタッチで釣れ続きました。地合いが作れたと感じました

風が強いとの予想なのでいつもは奥の池に行くのですが、本日は入口の池に座りました。サオは9尺を出してチョウチン釣り状態で底を取れましたので流れと風が出てもサオ先の左右で釣ることができました。

元エサを手水を足しながら5回ほど押して、それを練らないでそのままで摘まんでやや小さくハリに付けました。

水分が多いとナジミが悪いです。また水分が少ないと今度は空ツンがたくさんでました。そこで丁度良い加減の硬さのエサを「忘れないようにして」心掛けて釣りました。この辺の所は文章ではなかなか表現できないものです。

釣れてるエサがなくなると元エサを小分けして同じタッチに手直しするわけですが、細心の注意を払って手直しをしました。本日は前回のように「ボーッ」としている時間帯がゼロでしたので終日気合が入って釣ることができました。集中力が途切れることはありませんでした。釣れている時は大体がこんなものです。

私の右に13尺の底釣り、対岸に13尺くらいの底釣りから午後は宙釣り、その右に底釣り→宙釣り、底釣り、宙釣り、底釣りという具合でした。釣り人は思ったほどはいませんでしたので、ヘラはとてもよく寄ったと感じています。

前回の挽回ができたと思いました。

釣果データ2021年4月16日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 26 累計1,224枚。釣行29回。42/回。余り6枚。クチボソ18尾。食い渋りで私がエサ合わせをうまくできなかったと思っています。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。3.05/1時間。一昨日のペースの約三分の一の釣果。

朝の水温 16℃、下がりました。

朝の気温 6 午後3時で17℃。無風状態、のち北寄りの風、のち南西の風がやや強く吹きました。

釣り座 41 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10尺→13尺→10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。

期待に反して食い渋り。クチボソアタリがとても多いです。ヘラの寄りが少ないため。

本日の私の釣りは「エサ合わせ」が出来にくかったためと思いました。私のミステイク。ボーッとしていたため。

ウキ、オモリ、エサの組み合わせのバランスで釣るのですが、「私の釣り方」も含めて、ヘラの食いたいエサになっていなかったためです。

全体では宙釣りが多いです。底から宙に変更した人もいました。

私の友人はとても上手に釣って、私が帰るときに40枚近くになっていたようでした。上達がとても早いです。

私と年寄り同士で隣り合わせで「若い人は上達が早いよね」と会話しました。

釣果データ2021年4月14日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 85 累計1,198枚。釣行28回。42/回。余り22枚。クチボソ8尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1515分まで9時間15分の釣り。9.18/1時間。9時半から11時頃まで極端な食い渋り。この時間帯でクチボソを7尾も釣りました。ともかくヘラがとても少ない時間帯ができてしまいました。

朝の水温 17℃、上りました。

朝の気温 17 午後3時半で16℃。テント使用。朝から小雨や霧雨の様な降り方、無風状態、風は終日吹きませんでした。これなら別の釣り座で十分に釣りができました。残念でした。帰宅後家族から家の付近は終日大風と大雨だと聞かされてびっくりしました。

釣り座 71 南風の強風と大雨の予報でしたのでこの釣り座を選びました。他の釣り人も私の周辺に来ました。ただ、風がないので残念がっていました。私も同感。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10尺→8。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴエサ芯華200cc+(水100cc1回作りました。

霧雨と小雨の中、9時半まではとてもよく釣れたと思いました。ところが、それからはポッツンポッツンでした。クチボソばっかりのアタリになりました。食い気のあるヘラが近くにいないのがよく分かるような時間でした。これでは仕方がないので、8尺を出しました。そしてAのエサを作りました。単品仕上げです。袋に書いてある通りに作りました。袋にはハリが隠れるくらいに小さくつける、とありましたが、私の本日の釣り場所でそれを実行したところ「クチボソアタリ」でウキのモドリが早いです。やむなく、袋に書いてあるのを無視して「大きく」付けました。そしてウキがドンと沈むのだけを待ちました。エサがなくなったのを見てすぐに付けて投入しました。その繰り返し。8尺ですからウキは目の前にあります。アタリを見逃すはずがありません。泡付が復活してウキの周囲にブチュブチュと泡が出てきました。そのうちにストンストンとウキが沈むようになってとても大きなヘラが釣れてきました。

午後3時納竿のつもりでいましたがアタリがしっかり出ているので、延長して、「上りベラ4」まで釣ってしまいました。上りベラにしようとすると、とてもしっかりしたいいアタリが出て釣れるので、ついつい、もう1枚、という具合で4枚も上りベラを釣ってしまいました。

本日は午前中に釣れない時間帯ができてしまってとても残念な思いをしましたが、「終わりよければすべてヨシ」ということで、本日は霧雨のやんでいる時間を見計らって納竿にしました。

本日の釣り人は少なかったです。私のすぐ右に後から来た人が長ザオの底釣り→短ザオの宙釣りということで、20枚ほど釣って昼過ぎに上って行きました。

釣果データ2021年4月12日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 80 累計1,113枚。釣行27回。41/回。余り6枚。クチボソ4尾。午前中2時間は食い渋ったと思いました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分まで9時間00分の釣り。8.88/1時間。朝の2時間で6枚しか釣れませんでしたので作戦変更して釣りました。

朝の水温 15.5℃、下がりました。水面から水蒸気がたくさん立ち昇っていました。気温がとても低かったため。

朝の気温 6 午後3時半で18℃。晴れときどき曇り。北寄りの風と東寄りの風、南東の風がやや強く吹きましたが釣り座は風を避けていました。11時頃から南西の風がやや強く吹くようになって右からの波と風で釣り辛い時間帯がありました。予報と反対の風向き。

釣り座 41 東寄りの風の予報だったのでこの釣り座にしましたが、南西風が時々強まって右からの波と風で釣り辛い時間帯ができてしまいました。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10尺→13尺→9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。

期待に反して朝一の2時間は食い渋り。ヘラ6枚、クチボソ3尾という釣果でした。

これでは仕方ないので、13尺を出しました。そしてAのエサを作りました。元エサを小分けして水を足さないで少し練って、それをやや小さくつけて釣りました。これは成功してカチンカチンと良く入りました。朝一の2時間分を挽回するのは大変です。そのうちに南西風が強まってしまいました。それが弱くなると今度は南東の風が強まるという具合で、ともかく13尺で釣り辛くなってしまいました。

そこで今度は9尺にしました。これは「風のため仕方なく、しぶしぶ、やむなく」ということで、不本意な変更でした。13尺で釣れていたので替えたくなかったのです

ところがです、9尺にしたとたんに入れ食いになりました。なんだ、10尺のときと大違いではないか、と思いました。きっと朝一は冷え込んだのでヘラの機嫌が今一よくなかったのだと思いました。

ともかく風が右から左からと強いので9尺でウキを手元に置いて双眼鏡で見ていてアタリは明確に出せました。

店の人が見に来たので会話しながら釣りました。見ているときに良く釣れたので良かったと思いました。午後3時まで釣って80枚になったところで納竿しました。どう頑張ってもあと1時間で20枚を釣り上げるのは無理だとあきらめたのです。

私の左に11時過ぎから長ザオの底釣り、ポツポツ、私の右に長ザオの宙釣り、ポツポツ、入口の方はみなさん宙釣りのようでした。

朝一の2時間の食い渋り時間がもったいなかったと思いました。次回に期待。
釣果データ202148日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 130 累計1,033枚。釣行26回。39/回。余り19枚。クチボソ7尾。100枚以上今シーズン3回目。乗っ込み、産卵、荒食い。私の釣り座の桟橋の下で朝早くに何回も産卵行動がありました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分まで9時間00分の釣り。14.44/1時間。終日コンスタントに釣れ続きました。ヘラの食いアタリが弱くなるとクチボソが釣れました。クチボソのダブルが1回ありました。釣れ続いたので午後3時まで釣ってしまいました。

朝の水温 16℃ 水温が「締まっていて」いい感じでした。ヘラの上ズリがなくて釣りやすいです

朝の気温 10 午後3時半で17℃。晴れのちときどき曇り。9時過ぎまで無風状態、その後は北寄りの風と東寄りの風がややありましたが釣り座としては風と波を避けていました。午後は南西風がやや強く吹きましたが瞬間的なので釣りに影響はありませんでした。本日は雷注意報が発令されましたので、雷鳴が聞こえたらやめるつもりでしたが3時まで鳴りませんでした。

釣り座 42 風と波はまったく気になりませんでした。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

久々の荒食いです。前回までは何とか食わせようということで努力して釣り上げた時間が長いですが、本日は、誘いをかけなくてもツンツンとウキがよく沈みました。

このような釣りができますと「ウデが上達した」と勘違いしてしまいます。私はいつも思うのですが、これはヘラのご機嫌が極めてよかったためなのです。このような「簡単な釣り」をやってしまいますと、食い渋りの時の気持ちの持ちようがどうなるのか心配になるほどです。

とはいっても、シーズン中にそう度々はないような食いアタリでしたので本日は大満足で納竿致しました。本日も店の人が見に来てくれましたので私としては釣れているところを見てもらったので良かったと思いました。

私の左に長ザオの底釣りが二人、良く釣れていたと思いました。対岸は短ザオの宙釣りの人たち、入口の方はグループでしょうか和気あいあいと釣っていたように思いました。

釣果データ202146日(火)分

白井市の水光園 ヘラ 108 累計903枚。釣行25回。36/回。余り3枚。クチボソ9尾。100枚以上今季2回目。今年はザリガニアタリがとても少ないので大釣りのチャンスだと思います

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分まで8時間30分の釣り。12.75/1時間10時半までで70枚、15.55/1時間の入れ食い。その後はペースが落ちて午後2時半までで38枚追加、9.5/1時間。ペースが落ちてからはクチボソがたくさん釣れました。

朝の水温 16℃ 昨日の雨で水温が少し下がりました。

朝の気温 5 午後2時半で14℃。晴れのち曇り。8時半までは無風状態、その後は北寄りの風がややありましたが釣り座としては風と波を避けていました。

釣り座 41 前回は風と波のためペースダウンしたので、前回の反対側の波除ロープの横に座りました。風と波はまったく気になりませんでした。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ28cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ235cm。ハリス0.6号。ハリスの長さを5cm短くしました。夏バージョン。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水170cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は朝一からツンツンとウキが動いて10時半までで

70枚も釣れてしまいました。朝一で店の人が見に来てちょうどツンツンと入って釣れた時でしたので良かったです。したがって2回目のエサを早々とブレンドしました。ところがです、ヘラの食いアタリが少なくなって、アレレッと思っていると今度はクチボソが釣れ始まりました。ヘラとクチボソの「勢力争い」だと私は思っていますので、ヘラが寄るのをじっと待ってエサ打ちをしていました。

結局、11時から12時過ぎまでがとても食い悪く、12時半過ぎから食いアタリが復活しました。

10時半過ぎまでは元エサを小分けして5回ほどしっかりと押して、それを小さく丸めて投入しました。昼前からは小分けした元エサを手水を足しながらしっかりと練って粘りを出してやや大きくつけて振り込みました。午後はこのエサで良かったと思いました。手水の量はやや少な目に補充した程度でした

2時過ぎになって急に北風の突風が吹いたので、2時半まで辛抱して数を足して納竿にしました。

本日の釣りは釣り座が成功したと思っています

本日の底釣りと宙釣りは見える範囲内の方達はどなたもよく釣れていたと思いました。会話が活発で冗談が出て、歓声がわくこともありましたので釣れていたのだと思いました。

ザリガニのアタリが少なければヘラの大釣りができる季節になりました。次回も期待しています。

釣果データ202142日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計795枚。釣行24回。33/回。余り3枚。別にスレで3枚。クチボソ3尾。風と波のため午後釣り辛かったので数は伸びませんでした。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。8.75/1時間。午前中は良く釣れて58枚だったのです。9.66/1時間。ダブル3回でしたので午後の風と波で釣り辛くなって残念でした。

朝の水温 16.5℃ 

朝の気温 13 午後2時半で21℃。曇りのちときどき晴れ間。午前中は無風状態、午後は北の風強く、東の風強く、ということで午後風が強まって釣り辛くなってペースが落ちてしまいました。風が弱まった時間帯にツンツンと入るアタリがとれました。

釣り座 25 この釣り座も実績のある場所。風次第。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水160cc+(バラケマッハ100cc)1回作りました。エサ切れで納竿。風と波で空振り多く無駄なエサ打ちをかなりしてしまったと思っています

本日の底釣りは3人でしたが、途中から二人は宙になってしまい、底釣りは私だけになりました。宙の人たちも釣れていたように見受けました。

前回100枚以上釣れた場所の隣席。本日の様子ではヘラはかなり動いているように感じました。ただ風と波が強まったのでそれが予定外でした。釣果のほとんどは昼までの午前中のもの。

昨日釣具店に行きハリを調達、その時にダンゴエサの新製品らしきものを見つけて買いました。テスト使用しましたが1時間釣って3枚ということで、これは私の釣りの手助けにはならないエサのような気がして、いつものエサを作りました。最初の試しのエサで食いアタリが出せなかっただけで、ヘラは寄っていましたので、エサを変えたとたんに入れ食いになって、あっという間に25枚になりました。その後はぽつぽつと釣れて100枚には少し足りないペースでしたが、まあまあ満足できる釣りができました。

3/293/314/23回続けて満足の釣りができました。

私以外の方達も同様に釣れたと思っています。

釣果データ2021年3月31日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 113 累計725枚。釣行23回。31/回。余り12枚。別にスレで2枚。ザリガニ1尾。クチボソ2尾。100枚以上今シーズン1回目。直近の5年間で3月に100枚以上釣ったのは今年初めて。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。14.125/1時間68時までの2時間で38枚が釣れました。ダブル2回。入れ食い。

朝の水温 16 

朝の気温 15 午後2時半で21℃。晴れ。午前中は無風状態、午後は北東の風、北の風、南東の風、南西の風ということで風が回りました。午後風が強まって釣り辛くなってペースが落ちました。

釣り座 26 平日の本日のような日は思いのままに釣りができます。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。サオが短いので大型ヘラとのやり取りで負けないように太いラインと太いハリスにしています。入れ食いの時のために10尺のサオで終日対処しました。よかったと思いました。

エサ ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水170cc+(バラケマッハ100cc1回と半分の量を作りました。

本日は納竿後に宿の人に、とてもよく釣れました、とお礼を言いに行ったところ、たまには大釣りしないとねえ、と言ってニコニコ笑っていました。

私のエサを聞きに来て、もらうよ、と言って、作ってボールの中に在庫にしていた「元エサのまんま」のエサを全部持って行ってしまいました。誰かにあげたのでしょうか。私は半日分がなくなってしまったので、入れ食い状態のママになっているときに、あと半日やれる分だけ追加で作りました。こんなこともあるのです。

納竿はほとんどエサ切れ近くになっていました。

本日は終日コンスタントにとてもよくウキがツンツンと入りました。食いアタリが少なくなった時間を見計らってトイレや食事、エサ作りをいたしました。

ザリガニが釣れたあとは一段と活発な食いアタリがでました。クチボソアタリも多いのでエサは大きめに付けて対処しました。ウキがしっかりとなじんでいさえすればドンという目の覚めるような食いアタリが出ました。

エサは小分けした@元エサを5回ほど押し潰してやや小さくつけるA元エサを手水を足しながら1520回ほどしっかりと練り、粘りを出してからやや大きくつける、の二通りで釣りました。メインはAでナジミを見ながら@のエサを作って釣りました。どちらも良くヒットしたと思いました。

本日の宙釣りは二人だけ。釣れていたように見受けました。底釣りは私の場合は入れ食い。

通っているとこんないい思いが出来ることがあります。

釣果データ2021年3月29日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計612枚。釣行22回。27/回。余り18枚。別にスレで1枚。クチボソ1尾。期待していた通りの釣果になりました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 700分〜1430分まで7時間30分の釣り。9.73/1時間。天気情報と空模様を見乍ら自宅を出たので釣り始めの時間が1時間遅くなりました。私よりも早い釣り人が二人おられました。

朝の水温 15 

朝の気温 15 午後3時で24℃。曇りのち晴れ。午前中は無風状態、午後は南西の風やや強く吹きました。釣り辛くなって2時半に納竿しました。

釣り座 30 平日の本日のような日はこの釣り座で思いのままに釣りができます。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙10尺、13尺、16尺、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。10尺は道糸1号、ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水170cc+(バラケマッハ100cc)1回作りました。

本日は前日からの大雨と大風のあとの釣り。家族は中止した方が良い、との意見でしたが、夜中の三時に起きて外と天気情報を確認、5時まで寝て、再確認の上、釣行しました。雨はずっと降りませんでした。

釣り始めは7時になってしまいました。私より早いお客さんが二人いて支度をしていました。

本日は大雨のあとで池に大量の雨水が入ったので、それに期待しての釣行。少しばかりの雨では関係ないのです。大雨後だから行きました。

私の予想通りで、本日のヘラは「とても素直」でした。アタリは明確、ダブルが3回もありました。釣れた型は中型ばかりで大型は混じりませんでした。

サオを変更したのは、10尺で始めて、というのは水温が15℃だったので手返しよく数釣りをしようと思ったからでした。これは正解でした。10尺でダブルが3回もありました。27枚釣れた時にあとはクチボソアタリになりました。でも、朝一から27枚も釣れたからまあいいか、ということで、13尺を出しました。10尺でずっと釣れ続くようであれば100枚は確実に釣れてしまいます。本日はその点が少し不満でした。ウキが少し遠くなりますが風もないしカチンカチンとウキが沈みます。23枚を釣りました。ここでまたまたクチボソアタリが多くなりましたので、今度は16尺を出しました。つまり、3尺ずつサオを長くしたわけです。5枚を釣りました。

この辺りから南西の風がやや強く吹くようになりました。そこで10尺に戻しました。朝一に釣った場所に戻ったわけです。納竿まで10尺で釣りました。南西の風がやや強く吹くようになってとても釣り辛くなってしまいましたので2時半で早上がりしてしまいました。

最近の私の釣りは時間的に根気がなくなったように感じています。本日は7時間半で納竿にしました。

釣場友達の友人が来ていて、トイレのときに私の所に寄って、その釣れ具合では100枚行っちゃうでしょ、とおっしゃいました。私は、いやいや、とても100枚は無理です、というのは、今は釣れているようですけど1時間平均で約10枚程度です。ですから10時間釣らないと100には届きません、ということで、1時間あたり1215枚をキープしないと1日で100枚は行きません、と申上げました。そうなんだよなあ、と納得の様子。

結局、私の釣りのペースは時速812枚程度なので納竿してみたら9.73/1時間ということで、午後の釣れ具合が朝一よりも少し少なかったように感じています。

いずれにしても、本日は私の予想が的中した格好になりました。このようなこともたまにはあります。

見渡した限りでは宙釣りがほとんどで、底釣りは私と私の友人だけでした。友人は奥の池で釣っていて42cmを頭に大型ばかりが釣れたと言っていました。

釣果データ2021年3月27日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 24 累計539枚。釣行21回。25/回。余り14枚。別にスレで2枚。ザリガニ1尾、クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。3/1時間。エサはありましたが根気が切れました。もっと釣れていれば違うのでしょうが。

朝の水温 13.5℃ 

朝の気温 6 午後3時で18℃。晴れ。午前中は南東の風、午後は南西の風やや強く吹きました。

釣り座 42 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙13尺→14尺、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

予想外に釣れませんでした。残念でした。土日祭日の釣りを2月、3月と2ケ月間釣りましたが、どうでしょうか、一度だけ満足の釣りがあっただけでした。仕方ないです。次回からは平日の釣りができると思います。

本日は夏バージョンのエサを作って試してみました。結果は散々でした。2投目でアタリがあり、3投目で釣れたのは大きなクチボソでした。その後はエサを固くしたり、大きくつけたり、小さくつけたり、いろいろと手直しして釣りましたが、空ツンとウキのナジミが悪いことで嫌になりました。クチボソが5尾釣れました。ザリガニも1尾釣れました。ヘラは1枚だけでした。そんなこんなで13尺の釣りを中止して、試しに9尺を出しました。同じエサで釣ったところ3枚釣れました。その後はまたまたクチボソアタリばかりになったので今度は14尺を出しました。エサは冬バージョンのエサを作りました。手水を足して良く練って、ちょうど「カンタン」エサのような感じのべたべたと手にくっつくようなものに仕上げました。本日はこの調整で良かったようです。14尺にしてからはクチボソは釣れませんでした。エサは私としてはやや大きめに付けました。クチボソ対策です。

釣れたヘラは混じりでした。良型ヘラは17枚ほどでしょうか、引きは良かったです。

次回は夏バージョンのエサを一工夫して作ってみて試してみたいと思いました。

私の左に宙釣りの人が三人、右に宙釣りの人が二人と段底が二人、対岸は釣りの会で何でもありのようでしたがほとんどが宙釣りで底釣りは二人しか見えませんでした。

私の友人が後からきて対岸で釣っていました。平日の釣行よりも本日の方が釣果が少なかったのではないでしょうか。

釣果データ2021年3月20日(土)祭日分

白井市の水光園 ヘラ 14 累計515枚。釣行20回。25/回。余り15枚。別にスレで2枚。クチボソ4尾。

食い渋りだと感じました。ヘラの回遊が少ないです。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分まで9時間00分の釣り。1.55/1時間。上りベラがなかなか釣れなくてエサ切れまで釣ることになってしまいました。

朝の水温 13℃ 高くなっていました。ヘラの適水温は15℃〜22℃です。

朝の気温 9 午後3時半で17℃。曇り。北東の風のち南東の風。南東の風がやや強くて釣り辛かったです。

釣り座 55 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 次回から夏バージョンの釣りに変更するつもりで各種のウキをつけて具合を調べました。どうせ食いが悪いのでウキのテストをしました。

サオ シマノの景仙14尺→13尺、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

ポツポツポツと釣れていい気持になったらその後はポツンポツンでした。

クチボソの攻撃がとても激しいです。もう、冬バージョンのエサでは釣り辛い季節になりました。次回は夏バージョンの釣りを試してみようと思いました。釣れても釣れなくてももともと。

私の左右、対岸ともに10枚前後の釣り。20枚まで届いた人はいなかったと思いました。

次回以後に期待。

釣果データ2021年3月14日(日)分

白井市の水光園 ヘラ 15 累計501枚。釣行19回。26/回。余り7枚。別にスレで4枚。クチボソ1尾。

旧ベラは3枚のみ、新ベラと思える大型12枚、抱卵していました。他の人のサオがいくらも絞られていなかったので15枚で納得の釣りでした。

釣り方 バランスの底釣り 両ダンゴ

釣り時間 615分〜1500分まで8時間45分の釣り。1.71/1時間。

朝の水温 11.5℃ 

朝の気温 10 午後3時半で16℃。晴れ、朝一から北北西の風の強風。暴風と言ってもいいくらいのすさまじい風。物を飛ばされた人何人かいました。

釣り座 55 日曜日なので奥の席に「避難」したつもりでしたが、風向が対岸からの吹き返しで風波が終日ひどかったです。振り込みは振り切って投入しました。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 風が強すぎる時間帯は尺半#10を使用してしのぎました。

サオ シマノの景仙14、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は例会とグループでの釣行がとても多くて満席状態でした。遅れてきた人は座れない人がいて釣り座を捜していました。

風がとても強くて14尺を出すのをためらいましたが、このところ10尺などの短竿でみなさんが釣れていないようなので、もしかしたら10尺で釣れたとしても13枚とかだと思って、思い切って14尺を出して振り回しました。結果的には正解で、短竿の人たちは段底釣りを含めて見える範囲内では13枚と思いました。今年は3月になっても短竿の釣りが思ったようにならないようです。これは店の人の情報通りでした。

私は14尺で風波と流れでウキがしもって沈没しましたので、ウキ下を3回も調節して、つまりウキを上にあげてラインが斜めになるのを許容する釣り方をいたしました。ウキのトップが二目ほど出ている状態にして、エサがバラケて、目盛りの上から45目盛り程の所での食いアタリを合せました。これで良かったと思いました。

途中で尺半#10のウキをつけて釣りましたが、2枚釣って中止しました。要するにアタリの見やすさが断然違ったからです。感度の問題です。#8のウキに戻して終日辛抱して釣りました。

釣れたヘラは殆どが新ベラと思える超大型で、しかも、抱卵しているヘラが多数ありました

ですので釣り味は格別に良かったと思いました。

見える範囲内の段底釣りの方達よりもペースよく釣れましたので本日はこれでいいか、ということで納竿致しました。

私の右に段底二人、その右に宙釣り二人、私の左に宙釣り8人、対岸は右から段底、宙、段底4人、底釣り、段底、宙、宙、宙、その他宙釣りと段底釣りばかりで、底釣りは私ともう一人だけでした。対岸の底釣りの人は3枚釣って納竿されました。

前日の土曜日が釣行予定日でしたが夜中の2時半に起きて天気情報を確認したら、暴風雨で雷注意報が発令されていましたので、雷ということは最悪の天気ですので釣行を思いとどまりました。ヘラ釣りにとって雷は大敵です。ネットで確認したら土曜日は水光園への行路で冠水のため通行止めが2ヵ所ありましたので中止して良かったと思いました。

釣果データ2021年3月6日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 61 累計486枚。釣行18回。27/回。余り0枚。別にスレで2枚。クチボソ4尾。私の釣り座はヘラがまずまず寄ったと思いました。

本日は満足の釣りでした。旧ベラの中型小型ばかりでした。新ベラ釣れず。

釣り時間 615分〜1500分まで8時間45分の釣り。6.97/1時間。1時間当たりおよそ78枚のペース。10分で1枚のペース。ヘラとクチボソのダブルが1回ありました。

朝の水温 11 

朝の気温 10 午後3時半で18℃。曇り午後晴れ間、無風状態から2時過ぎから北寄りの風が吹きました。暖かい一日でした。

釣り座 31 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙13尺→16、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。ねっちりした元エサに仕上げて小分けして手水を足して押し練りをしました。5回程度は誘えるエサにしました

31番の釣り座にしたのはロープ越しに4142番に宙釣りまたは段底釣りの人が座ってもいいようにということで選びました。本日は42番に13尺の段底釣りの人が座りました。この人とは3週連続で土曜日に一緒になった人です。

本日の釣りは42番の段底の人と競争のようになってしまいました。私の方は全然意識していないのですが、42番のお年寄りが何か電話などで釣れないよとか話しています。釣れることは釣れるのですが、どういうわけかスレが多くてその度に大きな声でヘラに文句をいうのです。面白い人だな、と思いながら釣りましたが、そんなわけで私の方も振り込みに力が入ってしまって手返しよく振り込みました。サオは前方へ振り切りました。それでもエサがハリから抜けないようなエサにしました。

ナジミメモリから3目盛りほど戻ったところで積極的に誘いを掛けました。手前へサオをツン、ツンという具合に引きました。

本日の61枚のうち誘いをかけてから釣れたものがおおよそ90%だったと思いました。ともかく誘いを掛けないと食いアタリがなかなか出ないのです。こんな日も珍しいです。

そんなわけで終日誘いをやり続けました。ということはヘラがもうちょっとのところで活性がいまいちだったと思いました。

宿の人が回ってきて、渋いでしょう、といいましたが、私の場合は釣れていましたので、まあねえ、まあまあだよ、という返事をしておきました。

本日は右隣の人と並んでやったような感じになってしまいましたので、お互いに釣れたペースというのは分かっているわけです。

朝一は13尺で釣って食いアタリがよく出たので10尺を出して手前で釣ろうと思いましたが、2枚ゲットして中止しました。やはり底釣りとしては10尺のラインはヘラの寄りが本日は少なかったと思いましたので、すぐに13尺に戻して誘いながら釣りました。あきらめるのは早いのです。13尺で22枚になったところで、食いアタリが少なくなってクチボソが3尾立て続けで釣れてしまいましたので16尺に変更しました。せっかちなので変更するのは早いです。

幸いに16尺で39枚を釣りました。2時過ぎに上るつもりでいましたが誘いをかけてからドン、ドンと食いアタリが続きましたので、上りベラ、ワン、ツウ、スリー、フォーという具合で、上りベラを4枚も釣ってしまいました。納竿は3時になってしまいました。

宿の人が、渋いでしょ、と言ってくるというのは、何かしら根拠があってのことだと思うのですが、すくなくとも私の釣り座ではポツポツと釣れ続きましたのでよかったと思いました。本日は全体に釣り人がバラケテいましたので一人当たりのヘラの配当が多かったのではと思いました。

段底のお隣さんは私が上る時にヘラと格闘していましたのでどうなったのでしょうか。スレのヘラに文句を言っていましたので。

それからザリガニを釣った人が二人いました。私はザリガニはゼロ。

釣果データ2021年2月27日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 10 累計425枚。釣行17回。25/回。余り0枚。別にスレで4枚。釣果アップに関するヘラの高活性の条件は好転していませんでした。

12月の釣果は水光園でヘラ釣りを始めた2006年から今年までの16年間で最低釣果でした。平均釣果も25/回ということで、こちらも最低の平均釣果でした。いずれにしても今年の12月は私としては食い渋りが多い日に当たってしまって、結局大満足というのはたったの1回だけでした。

釣り時間 615分〜1445分まで8時間00分の釣り。1.25/1時間。前回と同じような釣り。

朝の水温 8.5℃ 

朝の気温 4 午後3時で9℃。晴れ、無風状態から8時過ぎに北北西の強風が吹き始めて終日吹きました。

釣り座 32 この釣り座は無番です。31番の右となりだから32番。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙16、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は釣りの会が入っていて陽の当たる側はギシギシの満席状態でした。

前回と同じようなペース。12枚釣ると次が続きません。次の食いアタリが出るまで辛抱強くエサ打ちをするという繰り返しでした。

食いアタリはかなり「明確」に出たと思いました。ということはヘラの回遊が少なかったということ。

私の左に会の人、段底〜底釣りで7枚、右の人底釣りで2枚でした。

段底と宙釣りがほとんど。

私のエサは@元エサを手水を少し足して水が少ない状態でしっかりと練ったもの、これはエサ持ちがよくウキのナジミも良いA元エサに手水を足しながらベチャベチャに柔らかくベトベトする程度に練ったもの。結局試してみるとAのエサがとても良くて終日これで釣りました。@のエサは1枚も釣れませんでした。ということで@のエサは「本日は」という条件付きです。

16尺で釣りました。途中で大風になって釣り辛い時間帯がありましたので10尺に替えて釣りましたが1枚で終わりでした。そこで16尺に戻して納竿まで釣りました。
釣果データ2021年2月23日(火)祭日分

白井市の水光園 ヘラ 11 累計415枚。釣行16回。25/回。余り15枚。別にスレで2枚。

釣り時間 630分〜1430分まで8時間00分の釣り。1.375/1時間。

朝の水温 9 

朝の気温 9 午後3時で13℃。晴れ、無風状態〜9時過ぎから北北西の風強く、釣り辛い。枯葉と笹の葉が多数浮遊して釣り辛かったです。

釣り座 55 混み合うと思って奥の池にきたらグループの人たち6人が来てずらっと私の右に並んで宙釣りで賑やかでした。

ウキ 歌麿 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙14、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

右も左も宙と段底でびっしりと並びました。そうなるかもしれないと感じていましたので、14尺のサオを出しました。一人だけ池の真中を釣る予定でした。少しでも宙釣りの影響をかわすため。

ヘラはたいして動かなかったと感じました。エサを手水を足して柔らかくしてしっかりと練りました。それをやや大きめに付けて振りかぶって前方へ振り込みました。もちろん振り切りました。

ともかくヘラを寄せなくてはならないのでテンポよく振り込みました。

食いアタリはとても明確に出たのです。しかしながら、いかんせん、アタリそのものがとても少ないのです。1枚釣れると間隔があいてしまいました。立て続けに釣れたことは1回だけでした。

釣れたヘラは新ベラと思える大型の綺麗な魚体をしたものが7枚、中型が4枚でした。数は少なかったですが型がよく、のされて捕り込みに手間暇がかかりましたので気分としては、まあまあこれでいいか、という感じでした。

スレは目玉の脇にかかったものと鼻の穴にかかったもの2枚。

朝から北北西の強風が吹き荒れて振り込みは下手投げが出来難くて、ほとんどが振りかぶっての振り込みでした。そのためエサは良く練って粘りを出して振り切ってもエサが飛ばないようにして振り込みました。風がなければもう少しエサのタッチを加減できたのですが、本日は仕方がなかったかと思いました。

左右の宙の人も段底の人もポツポツ釣れていたと思いました。それでも20枚を釣った人は周囲にはおられなかったように見受けました。

釣果データ2021年2月20日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 15 累計404枚。釣行15回。26/回。余り14枚。別にスレで4枚。大型は1枚のみ。

釣り時間 630分〜1400分まで7時間30分の釣り。2/1時間

朝の水温 7℃ 

朝の気温 1 午後3時で15℃。晴れ、無風状態〜10時過ぎから北北西の風強く、午後2時前から南西の暴風。貼るカイロ使用。南西風のため納竿。

釣り座 31 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙13尺→16尺→9尺→10尺、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。9尺と10尺は道糸1号、ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

13尺で3枚とスレ1枚、16尺で3枚とスレ1枚、9尺で3枚とスレ1枚、10尺で6枚とスレ1枚の合計15枚とスレ4枚で終わりました。本日のヘラの動いているエリアが想像できるような気がします。サオ交換は食い渋りになったから交換したのです。辛抱強く待っていればそれなりにヘラが寄ったと思うのですが、偵察のつもりでサオを替えてみました。結果オーライでしょうか。

南西風の暴風になったので納竿。風が強まらなければもう少しやっていたい気分でした。

この場所は10尺で100枚超という釣果を何度か出しています。まだ時期的に早いのです。

朝一で一番奥の池と思ったのですが、多分満員になるだろうと思って31番にしました。風的には奥の池が良いのですがこのエリアはこのところ貧果のようなので敬遠しました。次回にとっておきます。

私の左に長ザオの底釣り、大きなグルテンを付けていました。その左は宙釣りが数名。ともにぽつぽつ。

私の右に友人が9尺の底釣り、両ダンゴ。食いアタリが少ないようでした。多分、エサ打ちが少ないのだと思いました(私の想像です)。投入ペースが私の三分の一程度だったと思いました。待ち時間が長いのです。その右に長ザオの宙釣りが三人、奥の池は予想通り風よけで両岸とも釣り人が密集していました。

釣果データ2021年2月13日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 18 累計389枚。釣行14回。27/回。余り11枚。食い渋り。別にスレで4枚、とても大きなクチボソ3尾。

釣り時間 630分〜1430分まで8時間00分の釣り。2.25/1時間

朝の水温 7℃ 水温は上がっていました。

朝の気温 5 午後3時で16℃。晴れ、無風状態〜午後南の風がやや強く吹きました。貼るカイロ使用。

釣り座 55 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 釣れたアタリはとても小さいものとツンとに分れました。

サオ シマノの景仙13尺→14尺→13、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。かなり余らせてしまいました。やむなしです。

朝一は8時までに新ベラらしきものを含めて大型ばかり4枚釣れました。それなのにだんだんと釣れるペースが鈍りました。あまりに大きいので釣っていた友人に見せに行こうかとも思いましたが止めました。わざとらしいと思ったからです。なんだかんだと釣っているうちに食いアタリが出なくなって、スレも2枚出ました。そのうちに大きなクチボソがハリを食って釣れてきました。正体見たりということでトイレに行ってから今度は14尺を出してみました。たった1尺しか長くないのに、ポツポツと釣れました。型は混じりですが大型が多いです。8枚釣れて、スレも1枚、クチボソが2尾ということで、またまたトイレに立ちました。だいたいがクチボソが釣れてくるようになるとヘラの食いアタリが出ないのです。つまり、ヘラがいなくなった、と私は考えています。待ち時間を利用して、今度は11尺を出しました。これは釣るためではなくて55番の釣り座で11尺をだしたときのタナ取りをしたのです。こうしておけばこの釣り座でいつ11尺を出したとしてもタナ取りはほぼ省略できて釣りが早いからです。もちろんエサを付けてナジミを見ておくわけです。ちなみにこの場所のタナ取りはあと12尺をやれば9尺〜14尺まですべてタナ取りは出来たことになります。サオ交換などのときはとても重宝するわけです。そのために各サオの仕掛けは2個以上必ず用意してあります。他の場所へ行ったときにウキの位置が違ってしまわないように違う仕掛けを使うわけです。これは「自称せっかち」な私が釣り支度時間短縮のために考えて実行していることです。

さて、11尺のタナ取り終了後に、今度は最初の13尺に戻しました。南風が強まりましたがこの釣り座は真後ろから前方へ行く風なのでとても釣りやすいです。

結局2度目の13尺で型が混じりで6枚を釣って納竿しました。

私の左に段底の人たちが5人ほど、ポツポツ、私の右に両ウドンの底釣りが一人、1枚のみ、アワセはかなりしていたようですが、食い渋り。

宙の人がかなり多かったようですが、釣れる人釣れない人いろいろ。

私の友人が、私が帰るときに11枚とか、釣り始めが遅かったのでとてもよく釣ったと思いました。底釣りでこれだけ釣ったのは多分私と友人の二人だけ。

釣果データ2021年2月11日(木)祭日分

白井市の水光園 ヘラ 7 累計371枚。釣行13回。28/回。余り7枚。食い渋り。別にスレで4枚、とても大きなクチボソ1尾。

釣り時間 645分〜1445分まで8時間00分の釣り。0.875/1時間。

朝の水温 6℃ 水温は下がっていました

朝の気温 3 午後3時で12℃。晴れ。北北西の強風。貼るカイロ使用。

釣り座 55 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 釣れたアタリはとても小さかったです。風が弱くなったときに極小のアタリがとれました。風が邪魔をしました。

サオ シマノの景仙13尺、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。

本日は全体に食い渋りだと思いました。釣れていたのは私が見えたのは宙釣りの人で1名だけ。後の段底、宙、底釣りは私を含めてツ抜けした人はいなかったのではと思っています。

こんな日もありますので気を持ちなおして次回に臨みたいと思います。

釣れたヘラは傷のない大型と旧ベラが半々。

釣果データ2021年2月6日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 20 累計364枚。釣行12回。30/回。余り4枚。食い渋り。ヘラの回遊が少ないと思いました。しかし、10枚以上20枚まで確実に釣れたので全く動かなかったということでもなかったと感じました。始めからウキの下にいるヘラの数はせいぜい10枚程度まで(私のかってな推測、これを私は割り当て分と表現しています)、と思っていましたので20枚であれば10枚は周りから寄ったと言えると思いました。

釣り時間 645分〜1445分まで8時間00分の釣り。2.5/1時間。

朝の水温 7℃ 1週間前と同じでした。

朝の気温 3 午後3時で15℃。晴れ。無風状態。釣り日和。貼るカイロ使用。風がなく暖かいのでテントは使いませんでした。

釣り座 55 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ アタリはとても小さかったです。

サオ シマノの景仙13、道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。1回分では不足でした。練らずにしっとりボソに仕上げる。

釣り人が多いだろうと思って13尺を出しました。右に9尺の段底が二人、その右にやはり段底釣り二人。私の左に9尺の底釣り一人、その左からは宙釣りと段底釣りが5人。

13尺で正解でした。短いサオの人はたいして釣れていないように見受けました。釣り場友達からの情報。

前回の土曜日よりは釣れましたが、「ヘラが動いた」というには程遠い釣れ具合でした。

型は中型ばかりで小型が2枚、旧ベラばかりでした。

釣り方は、振り込んだままでは食いアタリが出ないことが多かったので、積極的に誘いをかけて釣りました。ナジミがでてから1015秒待ってから食いアタリがなかったら510秒に1回とか、5秒以内に2回とか、ともかく積極的に誘いました。それが良かったです。

エサは手水を足しながら押して練ってと言う具合でしっとりねっちりもっちりとしたエサに仕上げました。手直しが足りないと78回はとても誘えません。4回ほどでハリがエサから抜けてウキが戻ってしまいます。

気持ちとしては「ウドンエサ」「段底の感嘆やウドン・力玉」のような誘いができる「ダンゴエサ」に仕上げるようにしました。ウドン釣りのような釣り方をしました。

本日のような食い渋りの時はただ「待っているだけ」では食いアタリがなかなか出ないと思いそのようにしました。

私の左に9尺の底釣りの人、3枚釣って宙に変更、4枚ほど釣って午後2時に納竿。右側の人たちは35枚、オデコあり。

釣果データ2021130日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 13 累計344枚。釣行11回。31/回。余り3枚。食い渋り。ヘラが回遊しなかったと判断。従って、サオの長さを変更して対処

釣り時間 630分〜1400分まで7時間30分の釣り。1.73/1時間。本日の釣り始めは30分早かったです。

朝の水温 7 またまた水温が高くなっていました。

朝の気温 0 午後3時で8℃。晴れ。8時過ぎ頃から北北西の強風。私の釣り座では最悪の風。予報は北西〜北だったのでがっかりしました。風が強すぎました。私の並びで釣り座を移動した人たちが4名いました。貼るカイロ使用。テント使用。

釣り座 55 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ →歌麿#8ムクトップ サオを長くしたのでトップがやや太いものにしました。正解でした。

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→同9尺→景仙13、道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。13尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。エサ切れで納竿。

一昨日に82枚を釣った場所。意気込んで座りました。結果としては「食い渋り」「ヘラの動きが鈍い」「回遊がとても少ない」のでは、という一日でした。

ヘラがたいして動かない日は、私はいつもサオの長さを変更して釣るようにしています。ヘラが寄ってこないのだったら、ヘラが集まっている場所へ仕掛けが届くように振り込めばいいという「素人判断」を実行しているからです

ヘラが回遊してこないのだったらいくらエサ打ちをして待っていても、釣れる数はタカが知れています。ウキの下に最初からいるヘラを釣ってしまったらそれで大概は終わりですから。

よって、10尺で3枚とスレ1枚の合計4枚で食い渋りになってウキが動きません。風がビュービューゴーゴー凄くなりました。やむなく9尺に変更。しかし9尺で8尺の位置にウキがいます。しばらく釣っていてアタリがないのでトイレに立ってあきらめました。

余程帰宅してしまおうかと思いましたが、思い直して、思い切って13尺を出しました。ウキも替えました。ということは13尺の場所にはきっと何枚かヘラがいるのでは、と考えたからでした。

これは正解でした。大風の中で13尺を振り切ってウキを立てました。エサが少なくなるとウキが右へ左へと流れます。風が回っているからです。そのまま、流れのママにまかせてウキをじっと見つめていました。10秒に1回くらいのペースで誘いをかけ続けました。そうすると、ときおり、カチッ、チクッ、ドンなどのアタリが出るようになりました。13尺でヘラ10枚、スレ1枚でした。

エサ切れで午後2時に納竿。もういいやっ、という気持ちでした。

周囲の人たちもあまり釣れていませんでした。10枚に達しない人が多かったと思っています。

私の右に段底〜両ウドンの人、その右に段底の人二人、私の左に段底が二人、その左に宙の人が4人という具合でした。風が強いのであきらめて釣り座を移動した人が4人ました。私はテントなので動くのを止めました。13尺を出して結果オーライ。

釣果データ2021年1月28日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 82 累計331枚。釣行10回。33/回。余り1枚。ヘラがたくさん寄ったと思いました。

釣り時間 645分〜1415分まで7時間30分の釣り。10.9/1時間。残りの15時までの45分間でプラス18枚(100枚になる)はとても無理と思って納竿しました。

朝の水温 6.5 また水温が高くなっていました。

朝の気温 3 午後3時で3℃。曇りのち正午過ぎから雨。本降り時間あり。北寄りの風がやや強く吹きました。雨が降ってきて気温が急降下したと思いました。貼るカイロ使用。テント使用。帰宅途中で鎌ヶ谷から市川まで霙(みぞれ)から雪に変わりました。気温は2℃と低いです。

釣り座 55 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺、道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。風が出る予想だったので10尺で始めました

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

水温が高くなっていました。水面は泡付けがたくさん出ていました。そこで、大きく期待が膨らみました。

元エサのママから手直ししながら食いアタリの出やすいタッチのエサを探しました。

幸いに柔らかくてふっくらと仕上がったエサをやや大きくつけて釣って正解でした。食いアタリがちょっと遠いときはエサを小さくつけて前方へ振り切ってナジミ後のアタリをとりました。

朝一から釣れ続きました。型は40cmオーバーは1枚だけ、あとは700800gほどの良型が半分ほど、旧ベラの中型が残り半分、小型は2枚だけでした。

1月に82枚を釣ったのは久方ぶりでした。2012.1.21127枚、2012.1.2994枚で70枚台は過去10年間で10数回手帳に記録されています。

近年は1月に80枚オーバーという釣果をなかなか出せなくてウデが鈍ったのでは、と思っていました。通っていればこんないい日に当たることがあるわけです。ということは通い方が昔よりは少ないのかも知れません。真冬でもヘラの活性が高くてたくさん回遊する日に当たる確率は通っている日数に比例すると思っています。本日はまぐれ当たりのような思いがしています。

とは言っても、ドン、ドンと明確に沈むアタリが多発できましたので、気分としてはとても爽快です。

正午過ぎの降雨で大半のお客さんは納竿してしまいました。残ったのは私と私の友人の二人だけ。その方は41枚とかおっしゃっていました。1月の釣果としては多分その方の最高釣果だったのではと思っています。かなり遅れて釣りを開始しましたので本日はとてもいいペースで釣ったのではと思いました。上達スピードが凄いです。

釣果データ2021年1月26日(火)分

白井市の水光園 ヘラ 46 累計249枚。釣行9回。27/回。余り6枚。真冬の間はアベレージ30枚をキープするのが目標です

釣り時間 700分〜1430分まで7時間30分の釣り。6.13/1時間。10分で1枚平均。ググッと釣果が伸びそうですが、そうならないで、気持ちだけが先に行ってしまって、つんのめってしまいそうなアタリの少ない時間が挟まってしまいました

朝の水温 6 水温が高くなっていました。

朝の気温 1 午後3時で11℃。晴れのち曇り、正午過ぎににわか雨。無風状態。貼るカイロ使用。テント使用。

釣り座 55 

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 10尺で釣ってみました。

サオ シマノの景仙・桔梗10、道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+α21 20cc +(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

水温が高いので、朝はやる気が出ました。

食いアタリは比較的早く出ました。1時間半で12枚。これはとてもいいペースなので、本日はひょっとしたら50枚オーバーが出来るかも、と期待ばかりが膨らんでしまいました。そこで早々とエサをもう一回分作り置きしました。なぜかと言うと例えば入れ食いになっているときにエサ切れで次のエサをあわてて作るのが嫌だったからです。

しかしながらこれは大ハズレでした。というのは食いアタリがパタッと少なくなってしまいました。どうやらウキの周辺にいたヘラは早々と釣り上げてしまったようです。これは私の悪い癖。釣れるとなると見境なくドンドン釣ってしまうからです。以前、鈴木さんはもっと楽しんでゆっくり釣った方がいいよ、と言われたことがありました。でも、私の「楽しんで釣る」ということは、釣れる時はドンドン釣ってしまう、というのが私の楽しみ方だからです。

朝一のアタリはとても小さいものでした。元エサをそのままで投入したのですが、食いアタリがなかなか出ないので、小分けした元エサに手水を足して柔らかくなるように練りました。投入して、20秒待って、誘って待つ・・・、誘って、待つ・・・、誘って待つ・・・、ということで、誘いを35回ほどするようにしました。誘うたびにウキの目盛りが12目盛り上ります。最後はエサ落ち目盛りが出るほどにトップが戻ります。そのエサ落ち目盛りの近くのときにチクッ、モゾッが多発したのです。これも誘いをかけていなければ出るアタリではなかったと思っています。

エサの手直しは誘いを5回程度は出来るような「粘度」に仕上げるようにしました。

本日は投入したままの状態ではツンなどのアタリが出にくかったので、誘いを頻繁にしたのです。ツン、あるいはカチンという感じの食いアタリがたくさん出るようになって、アワセはとても楽になりました。

でも、ヘラの回遊スピードが今一だと思うのですが、食いアタリの少なくなってしまう時間が間に挟まってしまいました。

私の場合はエサ打ちしか対処方法がないと思いましたので、ウキ交換やエサ、タナなどはいじりませんでした。ひたすらエサ打ちをしました。

そんなこんなで、50枚に到達できるかも、という「夢」を見ただけで、結果としては前回と似たような釣果になってしまいました。釣れたヘラの大きさは中小の交りで、新ベラと思われる大型は釣れませんでした。

水温が徐々に高くなってきたように思えますので、いよいよヘラの巣離れが近づいてきたのかと期待しています。

私の左に12尺ほどのサオで段底の方が二人いました。ぽつぽつ釣れていたと思いました。

両ダンゴの底釣りは私と私の知り合いの方の二人だけ。あとは段底と宙の人ばかり。

釣果データ2021121日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 44 累計203枚。釣行8回。25/回。余り3枚。食いアタリが明確で満足でした。

釣り時間 700分〜1430分まで7時間30分の釣り。5.86/1時間。10分で1枚平均

朝の水温 4.5℃ 

朝の気温 マイナス3 午後3時で11℃。晴れ。無風状態。午後2時過ぎから南風が出ました。貼るカイロ使用。テント使用。テントの中は温室状態でした。

釣り座 55