2021年 シニアの突撃へら釣り日誌

釣果データ2021年9月17日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 125 累計5,892枚。釣行91回。64/回。余り68枚。100枚以上今シーズン18回目。ザリガニ15尾。クチボソ4尾。荒食いしました。私にとって「突然の」荒食いでした

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。14.7/1時間。エサ切れで納竿。

朝の水温 23℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時過ぎで24℃。曇り、南東の風。雨は降りませんでした。

釣り座 86 

ウキ 歌麿 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿しました。追加でエサを作るともうじき雨が降って来るかと思って止めたのです。

本日は思いがけなく「荒食い」しました。終日、釣れ続きました。

荒食いになった原因がさっぱり分からないのです。荒食いする、そのような兆候がここ1週間であったかといえば、あったような、なかったような、ということで、私自身、驚いています

しかしながら、ヘラの食いが、良ければ、良いなりに、必死になって釣り上げてしまう、という「経験だけは」長年の間に身につけてきたと思っていますので、本日は、その経験が活きました

荒食いの原因が不明でも、目の前で、カチンカチンとウキが動いているので、目と手と腕だけはピッピッと動くのです。

本日は、ザリガニが15尾とクチボソが4尾ということで、外道のアタリも多かったのですが、それ以上に、「ヘラの寄り」が凄まじかったと思いました。

本日は外道がいても、ヘラの数が外道を圧倒していたと思いました

管理釣り場で釣りをしていてヘラの食いアタリが少ないということはストレスになります。

本日はストレス解消になった一日でした。

このような荒食いは次の釣行で再現できるかどうかと疑問に思っています。

今夜から台風で雨もたくさん降るようなので、それを察知したヘラが荒食いしたのでしょうか。

次回に期待ですが、来週はどういう釣りになるのでしょうか。本日のようなことがあるので、ヘラ釣りは止められないのです。

釣果データ2021915日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 76 累計5,767枚。釣行90回。64/回。余り7枚。ザリガニ12尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。8.94/1時間

朝の水温 23.5℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時過ぎで29℃。朝は曇り、昼前から晴れ。北東の風のち南の風。パラソル使用。暑くなりました。

釣り座 123 

ウキ 尺半 #11 ムクトップ クチボソとザリガニが相変わらずうるさいです。

サオ シマノの刀春16尺、14尺、10尺、9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

宿が一生懸命に底浚いをしてくれたエリアの右端近く。サオの長さを替えながら、底の深さと釣れ具合を試し釣り

この釣り座は全体にかなり浅いです。もっと左の116118番辺りならばもう少し深いと思いましたが、中央の池から奥の池の方が深いと思いました。

魚影は中央から奥にかけての池の方が濃いように感じました

ともかく、本日もザリガニの相手をしながらのヘラ釣り。クチボソもいるのでしょうが釣れてきませんでした。

5cmほどのミニヘラが2枚釣れました。釣った時はクチボソだと思ったのです。手の平の中に入れたら、これがなんとヘラでした。寸法がクチボソ並み。

このミニヘラはエサ落ち目盛りが出てからのアタリで釣れたのです。こいつのせいで、空ツンがかなり多いと思いました。

とはいっても、愚痴を言っていても仕方ないので釣りを続行、エサ打ちを一生懸命にやりました。いつもの通りで、ヘラは46枚釣れるとヘラのアタリがちょっと途切れます。終日その繰り返し。釣れ続くということがありませんでした。

このところ、入れ食いタイム(時速1520枚のハイペース)がないので、100枚に届くチャンスがありません。

これも自然環境の一つの中での釣りなので、そのうちにチャンスがあるのだろうと思って釣りをしています。

本日は釣り人が少なくて全員を見渡すことができました。底釣りは二人、あとは宙釣り。皆さんポツポツとよく釣れていたと思いました。

10時過ぎに来た釣り場知り合いのお年寄りが、今日は釣れた釣れたと喜んでおられました。私の左におられましたので、その方の釣れ具合は私が証人になってもいいです

釣果データ2021年9月13日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計5,691枚。釣行89回。63/回。余り84枚。ザリガニ21尾。ザリガニは今シーズン最多釣果でした。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。8.23/1時間

朝の水温 23.5℃ 水色、ササニゴリ。

朝の気温 21 午後3時半過ぎで29℃。朝は曇り、昼前から晴れ。北東の風のち南東の風。パラソル使用。

釣り座 31 朝一で何人かがザワザワと来たのでこの釣り座を選びました。ただし、後になって、すぐ右のロープ越しに宙釣りが二人座りました。これだけが誤算でした。

ウキ 尺半 #11#9 ムクトップ 本日は食い渋りで、#9のウキでナジミがよく取れました。ヘラの寄り具合が少し弱かった感じでした。宿の人が、今日は食い渋りでしょ、とおっしゃっていましたが、ポツポツ釣れてます、と返事しました。実際にそうでした。

サオ シマノの刀春16尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

人が朝一で多かったので、入口の池は一応敬遠致しました。雨の日にでも座ろうかと思いました。

31番は朝一でとても良くヒットして10枚までは気持ちよく釣りました。そのあとが、ザリガニアタリのオンパレードになりました。

結局、釣ってしまいますとヘラの数が少なくなって、その後はザリガニがとてもよく食って、しかも、釣れるのです。

仕方ないので、空振りをしながらエサ打ちを続行いたしました。しばらくするとヘラの食いアタリがカチンカチンと出ます。46枚釣れてまたまたザリガニアタリ。

ということで、本日は終日このような釣りになってしまいました。

ウキは#11で始めましたが、ヘラを10枚釣って#9にしました。オモリの量がかなり少ないです。なのに、ウキはしっかりとナジミが出ます。これはクチボソが少ないことと、ヘラの寄りが少ないためにそうなるのだと思いました。

エサはやや大きめに付けて積極的に振り込んで、ウキの下にエサを溜めるように心掛けました。

本日はザリガニとのやり取りで一日過ぎてしまいました。

上りベラを釣って納竿と思っていたら、ラストは真赤な大きなザリガニでした。ザリガニ21尾は私としては今シーズン最多記録になりました。

クチボソは1尾も釣れてきませんでした。

私の右に宙釣りが二人、ポツポツポツと釣れていたと思いました。釣れるペースとしては宙釣りの方がいいペースだと思いました。短ザオの宙釣りが二人右手に入りましたので、終日、16尺の長いサオで釣りをいたしました。

それでも、ヘラの寄りがもう少し多いといいな、と感じた一日でした。
釣果データ2021年9月10日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計5,621枚。釣行88回。63/回。余り77枚。ザリガニ12尾、クチボソ9尾。エサ切れ直前に入れ食いになったのでエサを作って時間延長してしまいました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 615分〜1500分。8時間45分の釣り。8.34/1時間

朝の水温 23℃ 水色、ササニゴリ。高くなりました。

朝の気温 21 午後3時半過ぎで29℃。朝は曇り、昼前から晴れ。南東の風。パラソル使用。

釣り座 94 入口の池に座れないので本日も離れた席にしました。

ウキ 尺半 #11 ムクトップ オモリが一番多いカヤウキを使いました。

サオ シマノの景仙14尺→13尺→16尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回分作り、3回目を半分の量だけ作って時間延長して釣りました。

本日は前回と違ってザリガニとクチボソの大当たり

対岸に5人グループで宙釣り。その他宙釣りが数名。ということで、ヘラを対岸に取られないようにと一生懸命にエサ打ちをしました。ある程度はひきとめたと思いましたが、多勢に無勢でしょう。

といっても、エサを大きくつけてエサ打ちをしましたので、エサの消費量は多かったです。ヘラもクチボソもザリガニも、ともかくいろいろと寄ったと思いました

14尺と13尺はロープ際でエアーを入れている関係で、どうしても、ウキがエアーポンプの圧力で押されて釣り辛くなったので、結局、思い切って16尺にしました。これならば大丈夫で釣りやすかったです。

本日は一生懸命にエサ打ちをして釣りました。これほど手返しよく釣ったのは久しぶりです。

ヘラは間隔を置いて数枚ずつ寄ったと思いました。57枚釣ると少し間が開きます。まあ、仕方ないか、ということです

午後2時過ぎになってエサ切れになりました。ところが、エサ切れ直前から入れ食いになって、さすがに、納竿しづらくなって、3回目のエサを半分だけ作ってしまいました。未練たらしいと自分でも思いましたが、終い際に釣れてしまいますとどうしてもあと40分ほど釣ってみようか、となると思いました。

本日は3回目のエサを半分ほど余らせて午後3時に納竿致しました。

釣場友達が一人釣りに来ていて、ザリガニに悩まされました、といって帰っていきました。その点は私も同様でした。

大釣りは次回に期待です。
釣果データ2021年9月8日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 108 累計5,548枚。釣行87回。63/回。余り67枚。100枚以上17回目。ザリガニ10尾、クチボソ4尾。ラッキーな一日でした。ザリガニがしつこいです。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。12.7/1時間。本日は6時から開始できました。エサ切れと雨降りが同時でした。

朝の水温 22℃ 水色、ササニゴリ。また1℃下がっていました。天候が回復すれば週末から上ると思うのですが。

朝の気温 16 午後3時過ぎで22℃。午前中は晴れ時々曇り、午後は曇り、2時半から降雨。パラソル使用。

釣り座 31 入口の池が底浚いだとかで、希望していた釣り座は座れませんでした。ということで、31番に座ったわけですが、これが思いがけなく大当たり

ウキ 尺半 #11 ムクトップ オモリが一番多いカヤウキを使いました。

サオ シマノの景仙14尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿。

本日は入口の池の底浚いとかで、希望の席はすわれませんでした。そこで、仕方なく、31番に座りました。

14尺を出しました。オモリの多いウキを使用。前回の教訓から、本日は朝一から前回のタックルで釣りました。

エサは元エサのママで小分けして拳骨で5回ほど軽く押しました。ハリに付けるのに摘まむときに指を濡れタオルに触れさせて湿り気を少しだけ付けて、それで丸めて付けました。本日のエサ付けはこのやり方で終日OKでした。こんな珍しい日もあるのです。手水を足しますとナジミが浅くなって不調でした。

食いアタリは本日は@食い上げAドンと入るアタリBエサ落ち目盛りが出てからのモゾッ、チクッのアタリを待って釣りました。本日はBのアタリがたくさん出せました。Bのアタリではザリガニも結構釣れてきました。

大型は数枚だけ、あとは2530cm位の型が主体でした。数がたくさん釣れる時は大型の比率はとても低いです。6cmほどのミニヘラが2枚釣れました。空ツンの犯人です。クチボソと見間違えてしまいました。

私の左に10席ほど空けて宙釣りの人、対岸は底釣りが二人、宙釣りが4人という一日でした。

本日はみなさんどなたも釣れていたように見受けました。

私は朝一は10尺ではじめましたがウキの動きが気に入らなくて1枚だけ釣って30分で中止しました。早くタックルを交換して大正解だったと思います。

対岸の底釣りの人は短ザオで根掛かりしながら釣っていました。サオをもう少し長くすればいいのに、と私は思って見ていました。

釣果データ2021年9月6日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 68 累計5,440枚。釣行86回。63/回。余り22枚。ザリガニ7尾、クチボソ7尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1515分。8時間45分の釣り。7.77/1時間2時過ぎから40cm超の大型が続けて釣れてきましたので、納竿しにくくなって315分過ぎまで釣ってしまいました。終わりよければすべてよし、の格言通りになりました。気分よく納竿

朝の水温 23 水色、ササニゴリ。水温はこの所ずっと下がりっぱなしです。ヘラが変調していると感じています。8月後半から涼し過ぎますし、水温の低下が著しいです。

朝の気温 19 午後3時半過ぎで20℃。雨が降ったりやんだり、北東の風。

釣り座 89 パラソル使用。パラソルの設営に手間取ってしまって正味の釣り時間はもっと少ないです。

ウキ 尺半 #10#11 ムクトップ オモリが一番多いカヤウキを使いました。水温が上がってくるまで仕方ないと思っています。東京には低温注意報がでています。過去にこんな寒いことはありませんでした。普通ならば運動会シーズンです。寒すぎます。

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

水温がとても低くなっていて、底にいるヘラが少なく感じます。ウキがナジムとヘラの食いアタリがとても少なくなって、ザリガニとクチボソが釣れます。ヘラを底へ集めるのが大変でした。

朝一は10尺ではじめましたが、20枚釣って中止。ウキのナジミが浅いです。

そこで14尺を出しました。ウキは#11にしました。このウキは#10のウキの2.5倍は重いオモリを背負っています。

エサは元エサのママで、5回ほど軽く押したもの。水分補給とか練ったりはしませんでした。崩れないように〆てしまうと空ツンばかりになるので、手加減が難しいと思いました。

ともかくオモリが多いのでナジミが早いです。このウキはトップもやや太くなっています。食い上げアタリとドンと入るアタリだけを待ちました。

午後2時過ぎになってから40cm超の大型が入れ食い状態になりました。大型が寄ってきたようです。気持ちよくなって315分過ぎまで釣ってしまいました。

本日の型は、大型が11枚、1023cmの小型(ミニ含む)が15枚ほど(玉網不要の小型です)、あとは3038cmほどの型でした。

本日はどちらかというと朝一から小型ばかりで、玉網いらず、の小型が多いと思いました。

午後になってから大型と中型が寄ったと感じています。

長ザオでアワセと取り込みが面白かったです。

私の左に10席ほど空けて釣り場友達が座っていて、11尺でよく釣れていたと思いました。私よりも早く上がって40枚ほどは釣れていたと思いました。

 

釣果データ2021年9月4日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 74 累計5,372枚。釣行85回。63/回。余り17枚。ザリガニ5尾、クチボソ8尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 620分〜1450分。8時間30分の釣り。8.70/1時間

朝の水温 24 水色、ササニゴリ。

朝の気温 19 午後3時半で22℃。雨が降ったりやんだり、北東の風。涼し過ぎるくらいでした。

釣り座 90 パラソル使用。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの夏300cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。エサ切れで納竿しました。@のエサは途中でやめて捨ててしまいました。

本日はナジミが出にくくてとても苦労した一日でした

@のエサで釣り始めました。よくアタリが出たのは始めの3枚まで、あとは、ナジミが出にくいです。

クチボソのアタリが凄いです。

サオの長さを替え、エサのタッチを替え、いろいろとやってみました。替えたときは13枚は釣れるのです。

結局、26枚まで釣って、私の気持ちがプッツンしました。

そこで、Aのエサを作りました。このエサの使い方の特徴は「練らないこと」です。元エサのママ小分けしたものを拳骨でちょっとだけ押して、それでお終い

やや大きくつけて使いました。エサの変更と同時に、ウキも替えました。番手は#10でこれまでと同番のウキですが、オモリ負荷が凄いです。これまで使っていたものよりも3倍近くオモリがついています

つまり、水面近くのクチボソを無視して脱兎のごとく仕掛けを沈める、クチボソの食い上げを抑制する、という二つの効果を狙いました。

仕掛けが重いので、数釣りはいままでのようにはいかないと思いましたが、ともかく、やってみました。

さすがによくナジミます。ウキの上下動があります。その動きの中でともかくどのアタリがヘラの食いアタリなのか、今までのウキのようにツンツンとはいかないのです。ウキの動きがドロンドロンとしています。でも、それでいいかっ、ということで釣っていたら、いきなり、ドンと沈むアタリ。25cmのヘラ。小さいです。10cm程度のミニヘラも釣れました。これでは空ツンが出ても仕方ないです。

Aのエサは、ここ何年かは使ったことがありませんでした。このエサは練ったら空ツンばかりになってしまいます。そこで練らないで大きめに付けて重いオモリでズンズンと沈めたわけです。

あとはヘラが寄って来るのを待つだけです。ヘラさえ寄れば入れ食いになります

釣場友達のHさんが、鈴木さん、何やってんの、凄いペースで釣れてますよね、と顔を出してくれました。私のとこは午後は全然だめ、とおっしゃいます。遅れて釣りに来て私の左に8席ほど空けてロープ際で底釣りをしていたのです。

私の釣りの変更後に、11時前から午後1時過ぎまでのおよそ2時間ちょっとで、37枚を釣ったのです。これは、自称ランチタイムの入れ食いと、いってよく、とてもよく釣れました。エサとウキを取り替えただけなのに、こんなにも食いが良い時間ができるなんてとてもラッキーでした。

サオは14尺で始めて3枚釣れて中止、9尺に替えて9枚釣れて、13尺に変更、4枚釣って中止、またまた9尺に戻しました。なんとかかんとか、26枚まで釣ったのですが、ウキのナジミがとても気に入らず、思い切ってAのエサを作ったわけです。上にクチボソが多いので、オモリのとても多いウキに変更したのです。何年ぶりかのAのエサです。

この変更が成功しました。いつもいつもこれでいいかというと、そうはいかないと思うのですが、すくなくも、本日は、釣り場友達のHさんが、わざわざ、私のタックルとエサの確認に見えたほどの入れ食いタイムがあったわけです。

本日はエサが粘ってしまったら空ツン、エサを固くして付けても空ツン、いずれも、クチボソの引っ張りが激しいです。

結局のところ、ややボソタッチで大きくつけた粘りの少ないエサが良かったのでした。そのかわり、ウキは大きくして、オモリを重くして、というタックルで、エサの粘りの少なさをカバーできたと思いました。

本日は釣れ続いた時間帯はヘラの寄りが間に合わなくて、ヘラの食いアタリが途切れた時間帯が出きてしまいました。残念でした。

釣れ始まるとトントントンと釣れました

私の左は底釣りが一人とその奥に宙釣りが一人。私の対岸に浅棚の宙釣りで終日良く釣れていたと思いました。私の右の人たちは4人並んでいましたが釣り方などよくみえませんでした。入口の方に私の釣り場友達のOさんがいて、私が上る時に40枚超だとおっしゃっていました。本日の食い渋りの中でとてもよく釣ったと思い感心いたしました。ザリガニとクチボソは私よりも多く釣れていたようでした。

私はエサ切れで納竿。

釣果データ2021年9月2日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計5,298枚。釣行84回。63/回。余り6枚。ザリガニ1尾、クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 615分〜1445分。8時間30分の釣り。8.58/1時間

朝の水温 26℃ 水色、澄み。水面から湯気が終日立っていました。

朝の気温 18 午後315分で20℃。終日雨、北寄りの風。涼し過ぎるくらいでした。

釣り座 72 この席は屋根がついています。テント要らず、パラソル要らず。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗8。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。本日のエサはたくさん余りました。

本日は寒いです。水温が一昨日よりも3℃も低いです。

久しぶりに8尺サオで始めました。幸にウキは動きっぱなしで、飽きることはありませんでした。

型は40cm超は2枚だけ、あとは中型。10cmほどのミニヘラが2枚、20cm弱のヘラが2枚、これらはとてもよく空ツンを出した犯人だと思いました。

ザリガニはとても大きくて真赤でした。

ボソタッチのエサですと本日は空ツンとクチボソアタリでヘラは少なかったです。

そこで、エサを手直しして、試行錯誤して、結局のところ、元エサに手水を加えながら、2030回ほどしっかりと練ったものが良かったです

このエサは、つつかれても崩れにくくて、しかも、柔らかいので、ヘラやクチボソの吸い込みが良かったと思いました。

ウキの戻りが早いかな、と思ったときは元エサを少し足してさらにしっかりと練って粘度調節をいたしました。

エサ付けは普段よりは少しばかり大きめに付けて振り込みました。

後から来た人で私の右に3席空けて底釣りが一人、11尺でポツポツで、私が上る時に20枚超、ザリガニ1尾だと言っていました。

釣果データ2021年8月31日(火)分

白井市の水光園 ヘラ 82 累計5,225枚。釣行83回。62/回。余り79枚。クチボソ1尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 615分〜1415分。8時間00分の釣り。10.25/1時間

朝の水温 29℃ 水色、澄み。

朝の気温 24 午後2時半で31℃。曇り、午後2時に遠雷、釣り中止。パラソル使用。2時半過ぎから雨。

釣り座 95 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙13尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。納竿とエサ切れが同時でした。遠雷が聞こえたため追加のエサを作らずに中止しました。正解。

前回の隣席。

とてもよくヘラが寄ったと感じています。クチボソアタリはありますが1尾しか釣れませんでした。

エサはボソタッチでは空ツンとクチボソの引っ張りが激しいです。そこで手水を少し足して20回ほどしっかりと練りました。軟らかすぎると思ったときは元エサを少し足してさらに練りました。ともかくクチボソにつつかれてもなかなか崩れないエサにしたのです。本日はこのようなタッチのエサが良かったようで終日ポツポツポツポツと釣れ続きました。

ダブルが2回ありましたが、入れ食い時間帯はなかったです。終日811枚程度のペース。

釣場知り合いのお年寄りが10時過ぎに見えて、本日は釣れすぎちゃって面白くない、とかおっしゃって、私の隣に来てロープ際で底釣りをしていきました。

結局、その方は一日に10枚釣ればOKだとかで、本日は上機嫌で帰っていきました。

私とどこかで「ウマが合う」らしくて、釣り場で合うと談笑するようになりました。

私の釣れた型は交り、40cm超は2枚だけ、25cm程度の小型が多数、ガリベラもいました。35cm前後の中型が結構たくさん混じりました。

私の右に7席ほど空けて底釣りが一人、その右に宙釣りが一人と底釣りが一人。宿の人が長ザオで釣っていましたが、どの程度釣れたかは見えませんでした。

雷さえ来なければ1時間分ほどエサを追加で作って3時まで釣るつもりでしたが止めました。

釣果データ2021827日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 75 累計5,143枚。釣行82回。62/回。余り59枚。ザリガニ1尾、クチボソ18尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。8.82/1時間

朝の水温 28℃ 水色、澄み。

朝の気温 26 午後3時半で32℃。晴れ、東の風のち南東の風。パラソル使用。

釣り座 94 ロープ際の席。東寄りの風というのでここにしました。久しぶりに座りました。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ ボディの長さが10cmの茅ウキ。小さいウキを使っていますね、とときおり言われますが、私としては大きなウキを使っているつもりです。

サオ シマノの景仙11尺→16尺→14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回半作りました。本日はクチボソとザリガニアタリに対処していたためにエサの消費量が多かったです。午後になってエサ不足になり、3回目のエサを作りました

本日は久しぶりに94番の席。ロープ際。

11尺で始めました。10尺では根掛かりがあるため。これは他の人がやっているのを観察していてわかっていたのです。

ヘラ、クチボソ、ザリガニということで最初にヘラを15枚釣るまでに、クチボソが14匹、ザリガニが1尾という釣果でした。クチボソが集中的に寄ったということで、釣り辛い時間帯が朝一からありました

そこでザリガニが釣れてから、16尺を出してみました。2枚釣れましたが、最初からクチボソアタリが頻発。空振りのオンパレード。これには理由があって、右隣りに2席空けて長ザオの宙釣りが4人も入りました。その人たちの前はウキの周辺がヘラで真黒になっていました。4人はそのような会話を盛んにしていました。私が16尺を出したのが遅かったので、4人の宙に沖のヘラが寄ってしまったのだと思いました。

そのうちに4人の人たちは、食いが変ったとかで、エサを変えてサオを9尺にしました。

そこで私は待っていましたということで14尺にしました。これでヘラが寄らなければ本日は「沈没」ということで、覚悟して釣りました

1回目のエサが少なくなっていたので、2回目のエサを作りました。1回目よりも「いい感じのエサ」に仕上がりました。そこで、元エサを小分けして、それを拳骨で5回ほど空気を抜く気持ちで軽く押して、それを摘まんでハリに押し付けるようにして付けました。2回目のエサからはこのタッチが良かったようで、11時過ぎからペースよく釣れるようになりました。

ヘラが「ウキの下に寄った」という感触がありました。釣れ続くときというのは大体こんなようなものです。本日は久しぶりにヘラの「ランチタイム」と私が名付けているお昼の時間帯の入れ食いを楽しむことができました。

午後2時前になって2回目のエサもなくなったので、3回目のエサを作りました。量は1回目の半分の量です。たくさん作っても余ってしまうのでエサを「節約」致しました。

釣れたヘラは交りでした。ガリベラが数枚、40cm超が3枚、あとは38cm33cmほどでした。ガリベラ以外はどのヘラも比較的に「肥って」いましたので、寸法のわりには引きが良いと思いました。

朝一のクチボソとザリガニの攻撃時間帯がもう少し短ければよかったのにと思いました。

周辺の人たちの釣りで底釣りは私一人だけだったと見受けました。

釣果データ2021年8月25日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 47 累計5,068枚。釣行81回。62/回。余り46枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。5.52/1時間

朝の水温 27℃ 水色、澄み。

朝の気温 27 午後3時半で31℃。くもり一時小雨、北の風のち南西の風やや強く吹きました。パラソル使用。涼しかったです。

釣り座 32 南寄りの風予想だったため。

ウキ 尺半 #9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→16。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

食い渋りだったと思いました。16尺でほとんどを釣りました。10尺のエリアは食いアタリが少ないです。

ヘラがやや上にいましたので、ウキをナジマせるのに苦労しました。

ウキを交換しながら、ナジミのよいウキを選定したところ#9が一番よかったのでした。

私の左に知り合いの人、11尺で30枚ほど、良く釣ったと思いました。私とはタックルが違うので、当然、エサ作りも違います。私よりは相当に大きな長いウキを使って、ポツポツ釣れていました。上手な人だと思いました。ザリガニを1尾釣ったのを目撃しました。

私の釣れた型は40cmオーバーの大型はゼロ、3540cm30枚ほど、ガリベラが10枚ほど、その他3035cmほどのサイズが7枚ほど、という具合でした。

唇の中央にハリ掛かりしたものは半分もいないと感じています。すっぽ抜けで逃げられたものが数枚ありました。

釣果データ2021年8月23日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 76 累計5,021枚。釣行80回。62/回。余り61枚。クチボソ2尾。雷雨で豪雨30分中断あり

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。8.91/1時間。雷雨で中断30分ありましたので実質8時間の釣り、9.5/1時間。本日はとてもよく食ったと感じています。活性高いですが雷雨の中断がもったいない。

朝の水温 27℃ 水色、澄み。

朝の気温 25 午後3時半で26℃。くもり、北東の風、午前9時から9時半までの30分間は激しい雷雨、大風。本日は寒いくらいに涼しいです。

釣り座 60 

ウキ 尺半 #9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→14尺→9尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日のヘラはとても活性が高いと思いました。前回空ツンで苦労したアタリがほとんどハリ掛かりしてきました。食いが良いです。朝一からダブルを含む入れ食いで、最初の1時間で19枚を釣りました。これは久しぶりの入れ食いタイム。9時までの2時間半で40枚を超過しました。16/1時間。

ところが8時45分頃から遠雷が聞こえて、辺りが暗くなってきました。まずい、と思って、釣り道具にカバーをして、トイレに行き、雨に備えました。9時頃から、物凄い雨、これを集中豪雨と言うのでしょう。

釣りどころではなく、パラソルの下で息をひそめて体を丸くして待機するだけ。頭上では雷鳴と稲妻が凄いです。こんなことは初めてです。突風も吹きました。ともかく、対岸の屋根のある釣り座に避難した人たちは頭が濡れないだけで全身がビショビショ。風が強くて雨が吹きつけたからです。これも30分だけで、雨が止んで、青空がのぞきました。私はカッパを着たので濡れませんでした。

釣りを再開しましたが、降った雨は手が冷たくなるほどの冷たい雨。池の水位もウキの目盛りで2目ほど深くなってしまいました。

再開後の釣りは朝一の2時間の釣りとは比べようもない低ペース。それでも日差しが出て徐々にアタリが復活いたしました。

55枚になった時点で、クチボソアタリが急に増えてしまいましたので、やむなく、14尺を出しました。10尺の場所を休ませるためです。

幸いに14尺でもポツポツポツと釣れました。1時間半釣って9尺に戻しました。

手元ですのでアタリがよく見えますし、反応も早いです。

対岸に宙釣りと底釣りが一人ずつ。今日は釣れる、とおっしゃっていました。前回一緒だった底釣りの人。お年寄り。前回に釣れなかった分を含めて本日予定分を釣って2時半に納竿とおっしゃっていました。思った以上に釣れたわけです。宙釣りの人は深宙で午後になって底釣りにして、2時過ぎにまた50cmの宙にしてしまいました。いずれにしても、宙の釣りは良く釣れていたと思いました。

私はあんな激しい雷雨さえなければ大台に乗ったかもしれないのに、と思いましたが、これもどうしようもない自然現象ですので、次の機会にまた大釣りを狙いたいと思いました。

本日の型は交りですが40cm超の大型が4枚、40cm弱の中型が多数、35cmほどのものが若干、それ以下の小型とガリベラは本日は釣れてきませんでした。良型主体で60番に座ったのが正解だと感じました。

釣果データ2021年8月20日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 67 累計4,945枚。釣行79回。62/回。余り47枚。ポチポチ釣れました。とても大きなクチボソ3尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1500分。8時間30分の釣り。7.88/1時間

朝の水温 27 水色、澄み。一昨日よりも2℃も高いです。

朝の気温 26 午後3時半で33℃。晴れ。南の風やや強いです。これは予報通りでした。結構吹きました。

釣り座 74 釣り座の座り具合を試すため。屋根架け工事が終了したとのことで座ってみました。暑い日差しに関わらず快適でした

ウキ 尺半 #10#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→13尺→9尺→14。釣り座の捕り込みテストのため。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日も南風強い予報でしたので74番に座りました。この席ならばパラソルもテントも不要の席です。

71727374757677番の釣り座は屋根が付きました。風も雨も日差しも避けることができます。

問題はヘラの捕り込みで、どうしてもサオが屋根にコツコツ当ります。サオを特別大切にされる方は捕り込みに躊躇するでしょう。私はサオが駄目になるか、人間が駄目になるか、ということで競争なので、サオが屋根に当るのはやむなしということで容認致しました。

であれば、この席は快適です。本日の暑さ、風、日差し等々は完璧にさえぎっていました。お隣さんが一人おられましたが、私は屋根付きの釣り座で「自己中」の釣りができました。今後ともチャンスを捕えて座ってみようと考えています。

サオの長さを替えたのは、以上のようなことから、ヘラの捕り込み具合の確認のためでした。ひと通り試すことができました。長ザオの方が捕り込みが楽なくらいでした。これは人によって考え方が違うと思いました

本日はどちらかというと食いが少し渋いと感じられる一日でした。

私の右に1席置いて底釣りの人。10時過ぎに見えました。ポツンポツン。屋根付きの席を案内されたそうです。

その他の人たちは見えた範囲内では全員が宙釣りでした。

私が釣ったヘラは交りで、特別大きいのはいませんでした。700900gほどの型がたくさん釣れました。1`オーバーのサイズはいませんでした。

エサは小分けして、手水をちょっとだけほんの少しだけ足して、それを20回ほどしっかりと練りました。本日は結局そのタッチのエサがよく釣れました。このエサにたどりつくまで1時間半かかってしまいました。どのタッチのエサもときどき釣れてしまうから困るのです。釣れ続くエサを作りたいのですが、これがなかなか変更するのに勇気がいりました。

釣果データ2021818日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 73 累計4,878枚。釣行78回。62/回。余り42枚。暴風のさなかによく釣れました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1400分。7時間30分の釣り。9.73/1時間土砂降りの雨にならなければもっと釣っていたかったです

朝の水温 25℃ 水色、澄み。

朝の気温 25 午後3時で26℃。晴れときどき曇り。南西の暴風、凄い風でした。パラソルは使いませんでした。パラソルを飛ばされていた人がおられました。午後1時40分過ぎに突然の大雨。集中豪雨。この雨で私は退散しました。パラソルが役に立たないからでした。釣れていたのでもう1時間は釣りたかったです。

釣り座 32 この席は31番の右隣りで無番の席。波除ロープの脇なので選びました。南風予想でしたので座りましたが南西風でも釣りができました。

ウキ 尺半 #10#9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

パラソルは出せませんでした。暴風のため。暑さ対策はオシボリを作って帽子の下から肩にかけて水を垂らしてタオルが乾いたらまた井戸水に浸すという繰り返し。日差しはまったく苦になりませんでした。

振り込みを風待ちにする時間もときおりありましたが、まあまあ、振り込みもできて、ナジミも出て、食いアタリは活発でした。

クチボソアタリはあまりありませんでした。空振りがとても少なかったです。

エサは小分けして、手水を2〜3回程度足して、それをしっかりと練って粘りのある軟らかいエサにしました。朝からいろいろと手直しして釣ってみて、試して、結局、このエサがベストでした。エサ付けは私としての普通の大きさで付けました。

私以外はほとんどが宙釣り。底釣りの人もおられたようですが、ウキが流れるとかで、宙にしたようでした。宙の人たちはポツポツポツポツと釣れていたようです。

釣果データ2021816日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 45 累計4,805枚。釣行77回。62/回。余り31枚。本日は食い渋り。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 630分〜1430分。8時間00分の釣り。5.625/1時間

朝の水温 25 またまた水温が下がりました。水色、ささ濁り。

朝の気温 19 午後3時で23℃。曇りときどき小雨。北の風。テント使用。涼しいです。雨は強くなりませんでした。

釣り座 24 このエリアで最近はいい釣りができていません。試しに座りましたが本日も不調

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺→14尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

ウキは動きっぱなし。上げたり下げたり消し込んだり、いろいろと動きました。

エサをどのように手直しして調整しても、ウキの動きは同じ様。

アワセは大部分が「空振り」。

釣れたヘラは交りですが、大型はいません。小型は1015cm程度のものが5枚も釣れました。玉網は不要で、ヒラヒラヒラヒラと上ってきます。クチボソもかなりいたと思いましたが、このサイズの小ベラ(私に言わせればミニヘラ)がかなりの確率で空ツンを出していたものと思いました。釣れたのであれば、まあ、クチボソよりはずっといいかっ、という気分です。

納竿前に試しに14尺を出してみました。ウキの動きは10尺と同じようでした。5枚釣って納竿。

周囲の人たちはほとんどが宙釣り。宙の人はそれなりに釣れていたと思いました。
私の底釣りは不調。釣り座のせいか、雨のせいか、私の不調のせいか、その他の原因か、いずれにしても、ヘラの口の中になかなかハリが入らなかった一日でした。クチボソはゼロ。

ヘラはウキの下にかなりいたように感じています。釣れなかったのは私自身のせい。

釣果データ2021813日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 117 累計4,760枚。釣行76回。62/回。余り48枚。クチボソ6尾。100枚以上今シーズン16回目。昨夜ベッドの中でイメージトレーニングした釣りと似たような釣りができました。満足。天候、気温、水温、風など好条件が重なったと思いました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。13.76/1時間10尺で釣れ続きました。特別な大釣りになる入れ食いタイムはありませんでした。エサ切れで納竿しましたが、涼しくて身体と気分の調子が良いので、本当はもう少し釣りをしていたかったです。

朝の水温 26 水色、ささ濁り。水温が2℃も下がっていました。ヘラの上ズリがなくて釣りやすいです。水面がヘラで真黒になった塊はできませんでした。

朝の気温 20 午後3時で21℃。雨。北北西の風。テント使用。涼しいです。雨は強くなりませんでした。

釣り座 61 午前5時の千葉県北西部地方の天気情報(電話047-177)で本日は南西の風がやや強く吹き、東京湾の波1mの予報でしたので、61番を選びました。予報はハズレで終日静かな水面でした。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿

小学生の男の子を釣れたお父さんがパラソルを二張り出して仲良く釣っていました。宙釣り。

私のエリアは私だけ。池面の水車が回りっぱなしになっています。そうであっても釣りができるポジションを確保したつもり。

朝一はエサのタッチをヘラの食いアタリに合わせるのが1時間もかかってしまいました。どのような手直しでも釣れることは釣れるのです。しかしながら、今一、気に入りません。結局のところ、元エサのママ、のエサ付けで一番よく釣れました。押さず、練らず、水分補給せず、ということで、小分けした元エサを摘まんで、私としてはやや大きめに付けて投入しました

投入方法は、サオを振り切らないで、ウキの立つ位置の1mほど前方にエサを落とす方法で投入しました。エサがややボソタッチだったので上〜中層でヘラに触られるのを嫌ったからです。

型は大型が随分と釣れました。このところとしては珍しいです。小型も4枚も釣れました。玉網は使わずにヒラヒラヒラと上ってきました。10cmちょっとでしょうか。この小型がクチボソと一緒になって空ツンを出している張本人だと思いました。仕方がないです。

本日はコンスタントにヘラが寄ったと思いました。特別な入れ食いはありませんでしたが、食い上げアタリが多く出て気持ちが良かったです。

本日は、ハリの消耗が多かったです。結局、ヘラがたくさん寄って来ると、どうしてもハリスが切られたり絡まったり、ともかく、トラブルが多くなってハリ交換の回数が多いです。縮れたハリスで釣りはしたくありませんので!!

ダブルが4回、ヘラとクチボソのダブルが2回。大型が釣れるかも、と思って、対岸の小屋の下へは行かず、61番でテントを張って釣りをしました。大釣り予定の時はこちら側が良いです。手返しの問題。

釣果データ2021年8月11日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 80 累計4,643枚。釣行75回。61/回。余り68枚。クチボソ7尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分。9時間00分の釣り。8.88/1時間。10尺でポツポツポツポツと釣れ続きましたが入れ食いタイムがありませんでした

朝の水温 28℃ 水色、澄み。台風の雨のためでしょうか水温が2℃も下がっていました

朝の気温 25 午後3時半で31℃。晴れ、北西の風、のち南東の風、午後はやや強く吹きました。パラソル使用。

釣り座 89 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。納竿のときにあと1時間はやれるだけ残っていました。10尺でクチボソアタリがとても少なかったため。

朝一でドヤドヤと人が来ました。まあ、いいか、と思いました。私の右に宙釣りが二人、左に長ザオの底釣り一人、その左に宙釣り3人、対岸に宙が一人、という感じでした。

そんなわけで本日はヘラのご機嫌次第でいい釣りができるかも、と期待して始めました。

台風のせいでしょうか、水色は澄みで、水温は28℃と下がっていました。

ということで、本日はいつものエサで、いつものウキで、オモリ負荷とトップの太さだけの違いで、ウキを取り替えながら釣りました。ウキの動きを見て交換しました。エサの手直しを省略してウキ交換で対処したつもりでした

朝一で10尺で15枚を釣りました。これはいいペースで釣ったのです。とたんに食い渋りになって、ヘラが寄ってくるまで30分以上時間がかかるかも、と勝手に考えて、14尺を出して釣りました。ピンチヒッターのサオです。14尺の場所はクチボソが物凄くいて、あっという間に6尾を釣りました。みんなハリを咥えています。大きいクチボソ。

辛抱してエサ打ちをして13枚を釣りました。1時間半たちましたので、10尺に戻しました。

その後は10尺で釣り、クチボソは1尾だけで、あとは全部ヘラでした。

型は交りで、大型は2枚だけ、あとは中型と小型でした。私はアタリを楽しめれば大きさはどうでもいいので、ウキの動きだけが楽しみです。

本日は10尺でコンスタントに釣れましたが、「入れ食いタイム」だけがありませんでした

エサは元エサを小分けして@5回ほど軽く押すA@に手水を23回足して(水分は少な目に)5回ほど練ったもの(やや硬いもの)で終日釣れました

中層で仕掛けを持って行ってしまうヘラはいませんでした。ナジミが毎回しっかりと出ましたので、ヘラの動きを想像しながら釣りを楽しみました。

私の左の方は、ご隠居さん、という感じだと思いましたが、和ザオを使っていました。上手だと思いました。訊いてみたら、中古で買うには和ザオはとても安いのだそうです。カーボンの方が高いとおっしゃっていました。竿掛け、ハリはずし等々、みんな竹製のものでした。

私は和ザオの手入れが面倒なので(横着者ということで)もっぱらカーボンのサオを使っています。

釣果データ2021年8月6日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 75 累計4,563枚。釣行74回。61/回。余り49枚。クチボソ14尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。8.82/1時間

朝の水温 30 水色、全体に緑色に見えます。濁ってはいません。とうとう30℃になってしまいました。

朝の気温 24 午後3時で34℃。晴れ、南東の風。パラソル使用。暑いのでオシボリを作って暑さ対策をしました。

釣り座 104 朝一で別の釣り座に座りましたが、本日は水車を全部まわりっぱなしにするということで移動要請がありましたので釣り座を変更しました。釣り始め時間が少し遅れました。ヘラの酸欠対策のためでしょう。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水145cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿しました。クチボソアタリが多かったため、エサの消費量が多いと思いました。

本日は釣り座の移動をしました。酸欠ではヘラが可哀そうです。

朝一の10時半過ぎまでがとてもよく食ったと思いました

私の左は誰もいなくて、右に10人ほど、珍しく全員が長ザオの底釣り。ぽつぽつ釣れていたと思いました。

私は食い渋りになったときに14尺を出して30分だけ沖目を釣ってみましたが不発でした。このところ長ザオは調子悪いです。

釣れるヘラは中型と小型。大型はゼロ。上層〜中層にヘラとクチボソがいるのでヘラを、底を向かせるのが大変。朝一はとても良かったのですが、日中は苦戦しました。

クチボソは大きくて2尾だけスレであとはちゃんと口にハリがかかっていました。

私の右の人たちは午前9時過ぎからの釣りなので、私の釣果が気になって質問された方がおられましたが、私の数字に驚いていたようでした。10時までに45枚を釣っていましたので、日中はその人たちと同じようなポツポツでも数は伸びたのです。そのように説明をいたしました。

この釣り座はよかったのは11時までで、あとはクチボソの相手をしながらの釣りでした。

いつも言うように、ヘラの数とクチボソの数がどちらが優勢か、ということで、ヘラの釣れ具合が違ってくると思っていますので、本日は10時過ぎからはクチボソの方がやや優勢だったと感じています。仕方ないです。

釣果データ202184日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 80 累計4,488枚。釣行73回。61/回。余り35枚。クチボソ3尾。所用のため早上がり。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分。8時間00分の釣り。10/1時間。午前中良くて、午後食い渋り。高水温で酸欠気味のため、11時過ぎころから奥の池はヘラが水面近くに黒く上ズッテいました。時速10枚であれば贅沢は言えません。あと一息の入れ食いがありませんでした。

朝の水温 29.5℃ 水色、全体に緑色に見えます。濁ってはいません。

朝の気温 26 午後2時半で35℃。晴れ、南の風やや強く吹きましたので、向かい風と波で釣り辛い時間が飛び飛びでありました。パラソル使用。暑いのでオシボリを作って暑さ対策をしました。

釣り座 78 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

朝一で早いお客さんがいて3人グループで、宙釣りの人。838587番の釣り座に座ったので、私はそのエリアを避けて一番奥の池に行きました。ロープから3番目の釣り座。

水温が高いので、小分けしたエサをしっかりと「押して」、それをやや小さ目にハリに付けて振り込みました。とても大きなクチボソがうるさいです。空振りも多いです。しかしながら、そのクチボソアタリの中で合わせるとヘラが釣れてくることが結構ありましたので、クチボソアタリとバカにはできません。

時々、小分けした元エサを押して、更に4回ほど少なめの水分補給をしてから、しっかりと粘りが出るくらいまで練りました。それを私としては大きくハリに付けて、落とし込みの要領で、ウキが立つ位置の1mほど前方にエサを着水させてなじませて釣りました。この意図は、エサを大きくつけてウキの下の底にエサをある程度「溜める」作戦でした。エサが大きいので、クチボソがつつき切れずにウキが立っていると、ヘラの食いアタリが出ました。

本日は以上の二つのエサ付けで終日釣りました。

一番奥の池は底近くの水流の強さがあまりないようで、11時過ぎからはヘラが水面近くに黒くなって6カ所くらいに固まりができてしまいました。このヘラの周辺に振り込んでもヘラがぱっと散るだけで食いアタリはありませんでした。きっと、酸欠気味なのでしょう。多分間違いありません。

そういう意味でも、底近くにいるまだまだ元気のあるヘラを釣るために、練って柔らかくしたエサを大きくつけて振り込んで底にエサを溜めるようにしたのです。

午後からはペースダウンしましたので、エサはまだ1時間余り釣るだけ残っていたのですが、所用がある日でしたので、午後1時半過ぎに納竿しました。夕方まで粘ったとしても午後のペースが落ちたので100枚には届かないと思ったこともあります。

本日は、私の右に宙釣りが3人、パチャパチャと釣れていたようですが、10時過ぎからはペースがとても落ちたように見受けました。宙釣りも食い渋り気味だったと思いました。対岸は釣り人ゼロで、私のエリアは私一人だけでした。しかし、ヘラが黒く塊になって上にかなりいたので、用事があることもあって釣りを中止しました。

釣ったヘラの型は大型は1枚だけ、あとはこの池としては小型の部類に入るヘラとガリベラでした。水温が高くて酸欠気味の時はどうしても小型が数としてはたくさん釣れてきます。大型はどこかに避難しているのです。

本日のような様子では大型は無理だと思いました。雨風が強い日があれば酸素が補充されて一番奥の池でもいい釣りになると思っています。台風待ちというのは不謹慎でしょうか。

釣果データ2021年8月2日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 126 累計4,408枚。釣行72回。61/回。余り16枚。クチボソ5尾。100枚以上今季15回目。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1445分。8時間45分の釣り。14.4/1時間。久しぶりの入れ食いがやれました。満足です。

朝の水温 29 水色、全体に緑色に見えます。濁ってはいません。きっとアオコが多少発生しているのでしょう。これ以上増えなければ(水面をアオコが漂うなど)、釣りには支障ありません。本日大釣り出来たのがその証拠。

朝の気温 25 午後3時で31℃。晴れときどき曇り、午後は曇り、南東の風。パラソル使用。午後2時半過ぎにパラパラパラと雨、3時頃エサ切れになる程度のエサはありましたが納竿しました

釣り座 87 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れ間近でしたが降雨のため納竿

本日はしばらくぶりで10尺を出して大釣りができました。

10尺を出した理由。@長ザオでこのところ苦戦していたので気分転換A対岸に短ザオの宙釣りが一人だけB私の両サイドは釣り人がいない、ということで本日は久しぶりに10尺で始めてみました。

それが大当たり。本日はヘラが途切れなくコンスタントに寄ったと感じています。10尺でしばらくぶりの快挙です。通っているとこんないい思いをすることがあります。

エサは小分けして@5回ほど押すAそれに手水を2回足して5回ほど練る、このエサで終日良く釣れました。水分補給を多くするとナジミが悪いです。やや硬い感じのエサで良かったです。

クチボソが続けて釣れた時間帯に14尺を出してテストしましたが、模様が悪くて2枚釣って10尺に戻しました。

釣れたヘラは大中小の交り、大は1枚だけ、中は60枚ほど、残りは全部この池としては小の部類に入る型。

私は大釣りできればいいので型にはこだわりません。つまり、食いアタリを楽しみたいだけです。

今年の8月も幸先の良い出だしでした。
釣果データ2021年7月31日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計4,282枚。釣行71回。60/回。余り22枚。クチボソ11尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分。9時間00分の釣り。7.77/1時間

朝の水温 28℃ 水色、ささニゴリ。

朝の気温 24 午後3時半で32℃。晴れときどき曇り、東寄りの風。パラソル使用。日に当たると皮膚を刺すような暑さです。いつもの暑さ対策をして快適でした。

釣り座 89 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春14尺→16。道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿しました

土曜日でいつもの人たちが来ています。私の左に2席おいて8時から14尺の底釣り、その左に長ザオの宙釣り、対岸は宙釣り3人、長ザオの底釣り一人でした。

14尺で25枚釣ったところでヘラの食いアタリがとても少なくなってしまいました。いくらエサ打ちしても同じ。対岸と左の人が14尺と16尺の底釣りなので、池の中央を3人で釣る形になりましたので、これは偶然にそうなったのですが、私はそこで10尺を出しました。あっという間に5枚釣れてあとはクチボソだけ。ここもそれだけで見切りを付けて、今度は16尺を出しました。

対岸の人の振込位置とかなりずらすつもりで右方向へ振込しました。これならばエサの着水地点がかなり離れています。幸にポツポツポツと釣れてきます。食いアタリも明確です。いい気持になっていたらスレバラシで後ろの木立に仕掛けを引っ掛けて駄目にしてしまいました。予備の仕掛けを出して続行。

私の左隣りの人が言うには、8時から2時間14尺で底釣りで釣ってゼロだった、だからあなたの(私のこと)エサはなんですか、なんでそんなに釣れるんですか、という質問。見ている間にカチンといいアタリで釣れました。見ているときに釣れてよかったです。しきりに感心されていて、私のエサのブレンドを確めて、次回はそれでやってみるとのこと。その人は10時過ぎから宙釣りになってしまって、私が帰るときまで宙でした。最後はカッツケ釣りになっていました。

対岸の底釣りの人はポツポツ、宙釣りの人たちは入れ食い状態で釣れていた時間帯がありました。

店の人の情報収集では、本日は食い渋りだ、との情報がありました。私の場合はポツポツでいつものペース。入れ食いタイムがなかったので100枚釣りにはなりませんでした。梅雨明け以後徐々に食い渋りの感触になってきました。水色が澄みになるのが楽しみです。
釣果データ2021年7月28日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 77 累計4,212枚。釣行70回。60/回。余り12枚。クチボソ11尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分。8時間00分の釣り。9.625/1時間。前回よりも食い渋りだと感じました。クチボソアタリが物凄いです。

朝の水温 28℃ 1℃下がりました。台風8号の雨のためです。水色、ささニゴリ。

朝の気温 24 午後2時半で31℃。晴れときどき曇り、南の風午後1時より強く吹きました。パラソル使用。

釣り座 84 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春14尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

1尾目がいきなり大きなクチボソ。本日は最初からクチボソの猛攻でした。

ともかくアワセないと釣れないのでクチボソかヘラか半心半疑で空振りをしながらヘラの食いを取りました。終日そのような釣りで終始しました

昨日の台風8号の雨のせいでしょうか、水温が1℃下がり、ヘラは底からやや上にいるようです。

ヘラを35枚釣るとあとはクチボソアタリで、しばらく辛抱しているとヘラが釣れるという繰り返しでした。本日はヘラの回遊が少ないと感じました。

14尺で釣っていて、どうにもクチボソアタリが少なくならないので、16尺を出してみました。幸に、対岸は誰もいないので、池の反対側のヘラを16尺で釣る感じの釣りをしました。このエリアは16尺までOKです。

14尺で25枚、16尺で52枚でした。風のため振り込みづらく、14尺と16尺の仕掛けを1個ずつ駄目にしてしまいました。自分のヘボにがっかりです。

午後からは南風が強まってパラソルを飛ばされる人がいて早上がりしてしまいました。

私もクチボソと風のため午後2時で上がりました。

私の右に3席置いて短ザオの宙釣り、いいペースで釣れていました。

私のヘラは交りで、大型は3枚しかいませんでした。あとはガリベラと中型が少々。釣れない時は大型はどこかに隠れていて釣れるのは小型ばかりです。次回に期待。
釣果データ2021年7月26日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 116 累計4,135枚。釣行69回。59/回。余り64枚。クチボソ14尾。エサ切れで納竿しました。100枚以上今シーズン14回目。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1445分。8時間45分の釣り。13.25/1時間。食いアタリは明確でヘラの活性高いです。

朝の水温 29℃ 水色、ささニゴリ。

朝の気温 25 午後3時で28℃。晴れときどき曇り、北北東の風ときどき南東の風。パラソル使用。風が涼しくて気持ちいいです。

釣り座 88 過去に実績のある釣り座

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春14尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。このところ14尺で私としての実績作り。長ザオに挑戦していますエサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿。3回目のエサを作ろうと考えましたが、午後1時過ぎから極端に食い渋りなりましたので、在庫分だけでエサ切れで納竿しました。こんな結末のこともあります

本日も食いアタリが活発でした。午後1時の時点で102枚でした。3回目のエサを作ろうと思ったのですが、それを見ていたかのようなヘラの食い渋り。その後1時間45分釣ってようやく14枚をプラスして納竿。急にどうしたことでしょうか。店の人が言うには台風のせいとのこと。気圧が急激に変化していたのでしょうか。

あきらめきれないでエサ打ちをしていたところ、ヘラが回遊してきたようで、ポツポツと釣れてエサ切れになりました。3回目のエサを作らなくて良かったと思いました。どちからかというと新しいエサの方が食いはいいのですが、時間切れになってしまいました。

私の釣っていたエリアは珍しく私一人だけ。ということで、ヘラさえ寄ってくれれば釣りたい放題ということ。

私の友人が来ていて50枚超とか。10尺で根掛かりとかで14尺に変更していました。ロス時間が惜しかったと思いました。

私の型は交り、大型は数枚程度、中型主体でガリベラや小型も結構釣れました。

釣果データ2021年7月24日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 113 累計4,019枚。釣行68回。59/回。余り7枚。クチボソ6尾。とてもよく食いました。エサ切れで納竿しました。100枚以上今シーズン13回目。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1445分。8時間45分の釣り。12.91/1時間。食いアタリは明確でヘラの活性高いです。

朝の水温 29℃ 水色、澄み。

朝の気温 25 午後3時で32℃。晴天、南東の風。パラソル使用。暑さ対策は前回と同様、効果あり、涼しい。

釣り座 91 

ウキ 尺半 #10 ムクトップ #10はボディの長さが10cmということです。作者によって表示方法が違います

サオ シマノの刀春14道糸1、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cmハリス0.6太い仕掛けにしたのはライン切れを恐れたため0.8号のラインでは100150枚釣るとウキ止めゴムとかオモリの下とかでライン切れがあり(私の実績)、従来から釣った枚数を見て早めにライン交換をしていました。先日来、ライン切れを4回もやってしまったので、本日から1号、0.6号ということで仕掛けを作りました。本日はライン切れなしでした。1号のラインであれば250300枚程度まではライン切れしないで仕掛けが持ちます

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。エサ切れで納竿。エサがあればもっと釣っていたかったです。食いアタリが活発だったため。

このところ、ヘラの活性が高いです。水色も澄みで、いい感じです。今年の7月は14尺のエリアでとてもいい食い方をしています。続くといいのですが。

本日は「エサアワセ」がちょうどよかったです。元エサのママ@摘まんで丸めてハリに付けるAハリに付ける前に指の間で少しばかり押してハリに押し付けて付ける、の二通りで終日釣ることができました。元エサを、押さず、練らず、水分補給せず、ということで釣りました。

元エサはやや硬ボソで、丸めると空気がエサの中にあるのが感じ取れます。これを私としては普通の大きさに付けて振り込みました。ウキはとてもよくナジミました

午前中早い時間帯はクチボソアタリがとても多くて、空振りが多かったです。1回目のエサで43枚釣って2回目のエサを作りました。希望としては5060枚を釣りたかったのですが、クチボソのために空振りが多くてエサの使用量が多かったです。

2回目のエサを作って、トイレに行って、オシボリで顔と首筋を良く拭いて、57分ほど場所を休ませてから釣りました。

2回目のエサもややボソタッチで硬いのでそれを丸めただけで投入しました。食いアタリははっきりとツンと入りました。

本日は#10のウキを2本用意して、これは、ボディの形が微妙に違い、トップの太さも片方はやや太いということで、ウキを交換しながら、ヘラの食いアタリを待ちました。結局@エサを手直しするかAウキ交換するか、ということでヘラを誘う方法をウキに頼ったわけです。本日はエサの手直しは全くしませんでした。元エサのママ普通の大きさに「やや丸く」つけて釣りました。

私の対岸に朝一から宙釣りが二人、ぱちゃぱちゃと釣れていました。午後になってさらに二人宙釣りが対岸に入りました。それでも14尺のエリアの釣りはまったく影響を受けずに終日釣れ続きました。

エサ切れにならなければもう少し時間延長して釣りたかったです。それほど食いが良かったのです。

今年の7月は100枚以上の釣りがたくさんできて、私としては大満足しています。

ヘラの型は大中小の交り、本日は大がわりと多く釣れたと感じています。ダブルが3回ありましたが取り込みが時間かかります。1枚ずつ6回に分けて釣れた方が楽しめたのですが、そんな不満は論外だと思っています。要は釣れればいいのですから。

釣果データ2021年7月22日(木)オリンピック祭日分

白井市の水光園 ヘラ 80 累計3,906枚。釣行67回。58/回。余り20枚。クチボソ1尾。オリンピック祭日で釣り人多数なのに本日もとてもよく食いました。80枚はとても良く釣ったと思いました

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。9.41/1時間。祭日で人が多いのにコンスタントに釣れ続いたと思いました。

朝の水温 29℃ 一昨日よりも更に1℃も高くなっていました。水色、澄み。

朝の気温 25 午後3時で32℃。晴天、午前中無風、のち南東の風、のち南の風。パラソル使用。暑さ対策は前回と同様、効果あり、涼しい。頭上に物凄い積乱雲がきて曇って涼しくなりましたが雨が降るといけないと思って納竿しました。

釣り座 87 過去に私としては実績のある釣り座。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春14尺。道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。やや硬ボソに仕上げました

本日は朝早くからザワザワとお客さんが多いです。私の左に2席置いて宙釣りが3人、短ザオ。私の右に3席置いて短ザオの宙釣り一人、対岸は宙釣りが4人、結局私の周辺は底釣りは私だけ。

そこで、10尺は止めて、14尺を出しました。宙の人のずっと沖目を釣ることにしました。これは結果オーライでした。

エサはいつものエサで水分をちょっとばかし、気持ち、少な目にしましたので、仕上がりはやや硬ボソタッチでした。

本日の釣りのエサは、元エサのママで@押さずA練らずB水分補給せず、というのがとてもよくヒットして、終日、このタッチで釣ることができました。

私の左の人は深宙釣りでしたが、私と目が合って会話が成立して、私の釣りを宙釣りよりも早いペースで釣れていますね、とおっしゃっていました。

本日は祭日なので100枚以上の大釣りは最初からあきらめていて、50枚を目標にして釣りましたが、意外と、コンスタントに釣れ続きました。ラーキーだったと思いました。

夕方まで釣っても大台には少し足りないと思って納竿しました。祭日の釣りで釣り人が多い中でこれだけ釣れれば上等と思っています。ある意味、自分の釣りに自信がつきました。

暑いので早上がりした人が何人かおられました。

釣果データ2021年7月20日(火)分

白井市の水光園 ヘラ 102 累計3,826枚。釣行66回。57/回。余り64枚。クチボソ1尾。今シーズン100枚以上12回目。酷暑なので大台に乗ったところで早上がりしました。本日もとてもよく食いました。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分。8時間00分の釣り。12.75/1時間コンスタントに釣れ続いた思いました

朝の水温 28 2℃も高くなっていました。水色、澄み。朝の水面はとてもいい感じだと感じました

朝の気温 26 午後2時半で33℃。晴天、午前中無風、のち南東の風、のち南の風、午後になって南風が強く吹きましたので、ちょうどよいと思って早上がりにしました。パラソル使用。暑さ対策が成功したと思いました。

釣り座 90 過去に私としては実績のある釣り座。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春14尺。道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号(活性が高いのでハリスは太くしました)。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏130cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+バラケマッハ70cc2回作りました。硬ボソに仕上がりました。元エサのママでは食いアタリが遠いので、手水を足しながら押して練ってということで、少し柔らかくして釣りました。水分が多いとナジミが出ません。

本日は朝一で水面を見て、とてもいい感触になりました。

とてもすっきりとした澄みです。濁りが全くありません

エサ持ちをよくするためにダンゴの夏を30cc多くして、マッハを30cc少なくしました。思った通りの硬ボソ仕上がりでした。@元エサのママA手水を足して硬さ調整、の二通りで釣りました。結局Aが良かったのですが、水分の量を手加減しながら微調整して釣りました。この微調整ができませんと、同じブレンドのエサを作っても同じような釣りにはなりません。

本日のヘラは交りですが、40cm弱位の大型がときおり釣れて、取り込みが時間かかりました。特別大きなヘラは釣れませんでした。それでも、まあ、型揃いというところです。日によって、釣り座によって、良型が多いことがありますが、本日はその当たりの日でした。

私の対岸に8時過ぎになって宙釣りのお年寄りが一人座りました。聞いたところ、9尺の深宙釣りということでした。とても良く釣れていました。私の対岸でしたが、私の14尺の食いアタリに影響はありませんでした。

私の暑さ対策

昨日、釣具店に行き、直径21cmの水汲みバケツを買いました。バケツと言っても折り畳みになるプラスチック製です。それに井戸水の冷たいものを満タンに入れて脇に置いておき、タオルを入れました。そのタオルをそっと絞って水が垂れているタオルで顔、首筋、胸のまわりを拭きました。涼しいです。そのタオルを首に回しました。とても涼しいです。タオルが温まってきたらバケツに入れて冷たい水で冷やしてそれを首に回しました。又、濡れタオルを帽子の下に被ってそれを肩にたらして帽子をかぶりました。水が肩から上腕に垂れてとても涼しかったです。

本日の暑さ対策はそれでOK。前回よりもずっと楽でした。それと朝一で早々とパラソルを出しました。輻射熱と反射熱対策。効き目はありました。

釣果データ2021年7月16日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 114 累計3,724枚。釣行65回。57/回。余り19枚。クチボソ8尾。今シーズン100枚以上11回目。梅雨が明けたので今後の大釣りは天候の条件次第です。水温上昇確実のため。曇りや雨の日が狙い目

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分。9時間00分の釣り。12.66/1時間クチボソがまったく釣れてこない時間帯が本日はかなり多くありました。14尺のエリアにヘラがたくさん寄って来たと思いました

朝の水温 26℃ 天気が良いので日中の表面水温は高くなったと感じています。

朝の気温 22 午後3時半で32℃。晴天、午前中霧、無風、日中は南東の風、午後になってときどき南の風になりました。パラソル使用。日が照っていてとっても暑いです。帰宅途中の車載温度計は35℃を表示していました。

釣り座 85 過去に私としては実績のある釣り座。

ウキ 尺半 #10#9 ムクトップ 

サオ シマノの刀春14。道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。本日はヘラの寄りがとても良くて揉まれたりしてハリスが縮んだりしてハリの消耗が激しかったです

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。時間が余りましたので3回目も作りましたが半分の量でした。

本日は前回の隣席。大釣りの実績あり。

14尺で始めました。結果としてこれが大正解。14尺のエリアにヘラがとてもたくさん寄ったと感じました。

大きなウキでやっていたのですが、一回り小さい#9のウキに替えてみました。理由はクチボソアタリがわりと少ないと思ったからです。

ウキを小さくしてもしっかりとナジミが出ました。こういうことはやってみないと分からないことです。先入観は持たないようにしていて、かなり、試してみる、ということをやっています。駄目ならばすぐに戻せばいいからです。もしも当たりであればラッキーということになるのです。本日はその「ラッキーな一日」でした。

エサは元エサを小分けして拳骨で35回丁寧に押して、それを普通の大きさに丸めて振り込みました。手水の補給は、たまーにしか、やりませんでした。上ズルからです。

振り込みは@前方へ目いっぱいに振り込んでウキの下へヘラを誘うAウキが立つ位置の1mほど先へ投入してウキを立たせる(落とし込み)、の二通りで釣りました。本日はAの釣り方でとてもよく釣れました。ということは底のヘラがかなり寄ったと言えると思うのです。

3回目のエサを通常の半分の量で作りました。時間が余っていてエサ切れ間近かだったからです。最近としては3回目のエサ作りは初めてでした。本日もクチボソ対策としても振り込み回数が多かったからです。

いよいよ本日付けで梅雨明けということで、晴天が続き、水温もかなり高くなると思うので、エサ作りを再検討するつもりでいます。ブレンドの種類は同様ですが、量の配分を工夫して試してみようかと思います。すべて上ヅリ対策のためです。

釣れたヘラは中小の交りで40cm超の大型は釣れませんでした。大釣りするときは小型の方が手返しが早くていいのです。15p、20cmという超小型ヘラが2枚釣れました。このサイズが空ツンを出す犯人の一人だと思っています。

私の友人が来ていました。14尺で釣り辛くて、10尺でポツポツ釣れたとおっしゃっていました。私とはサオが逆でした。

17年前に80歳の長老に連れられて水光園に来たときは、皆さんは釣れていたのに、私は「アタリそのもの」がそもそも出せなかったという経験がありました。今頃の季節でしたが15枚ほど釣れてオシマイになりました。

ともかく、アタリを出せる、という釣りをマスターしようと努力した覚えがありました

そういう経験から、釣り始めからの2時間の釣り、というものを大切にして釣りをしてきました。自分のウキが立つ周辺にはきっと10枚程度は「割り当て分として(推定ですが)」ヘラがいるのだろうと思っているので、10枚まではアタリがすぐに出せるという釣りをしたいと考えたからです。10枚釣って食い渋る様だったら周辺からのヘラの回遊が乏しいと判断して振り込み方を工夫するようにしています。

釣果データ2021年7月14日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 108 累計3,610枚。釣行64回。56/回。余り26枚。クチボソ16尾。今シーズン100枚以上10回目。エサ切れで上るのは本当に久しぶりでした

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分。9時間00分の釣り。12/1時間。とびとびにクチボソの集中攻撃がありました。そんなときはヘラのアタリがないです。エサを打ってヘラの寄りを待つだけ。ヘラが寄れば立て続けに釣れたのです。

朝の水温 26 またまた一昨日より1℃上っていました。

朝の気温 21 午後3時半で32℃。曇りときどき晴れ間、午後から晴れ。無風状態から東寄りの風がやや吹きました。午後からパラソル使用。日が照ると暑いです。天気情報ハズレ。雷鳴らず、雨降らず。

釣り座 86 過去に私としては実績のある釣り座。本日もクチボソの攻撃が激しいです。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺→14。道糸0.8号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。元エサを小分けして拳骨で5回ほどボールの中で押して、それをそのママわりと小さく付けて前方へいっぱいに振り込んで釣りました。本日は久しぶりにエサ切れになって納竿しました。手返しよく数をたくさん振り込んだということです。理由はクチボソアタリが多くて空振りがとても多かったからです

10尺ではじめましたがいいアタリがとれたのは5枚まで、あとは、クチボソがたくさん寄ったらしく空振りが多くなりました。12枚釣れたところでクチボソが立て続けに3尾釣れてしまいましたので、10尺をあきらめて、14尺を出しました。

14尺のエリアはコンスタントにアタリが出ました。途中、クチボソが続けて2尾とか釣れたりして、そんなときはヘラの食いアタリは出ないです。したがって空振りのオンパレード。しかたないので、エサを小さめに付けて手返しよく振り込んでクチボソと遊びました。10分ほどするとヘラのアタリが出始めました。本日はそのようなことの繰り返しでした。

雨にも負けず、とよく比喩されますが、「クチボソアタリにも負けず」という所でしょうか、本日は空振り多く、エサの消費量がとても多いと思いました。2回作ったエサがエサ切れになったのは久しぶりのことでした。

私の対岸に釣り人がいなかったので14尺で目いっぱいに振り込んで釣りをすることができました。私の右にも左にも釣り人はいませんでした。ということで、私の釣っていたエリアは私の釣り放題ということで、あとは、ヘラの回遊を待つだけの釣りとなりました。

ダブルが2回ありましたので、食いは特に悪くはないと思いました。消し込みアタリも多かったです。そのときにスレでしょうか、道糸が途中からプッツンしたことが2回もありました

本日はヘラが寄った時は活発なアタリで、ラインが切られてしまうような寄りだったと言えます。

宙釣りの方が多いと思いました。

釣果データ2021年7月12日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計3,502枚。釣行63回。55/回。余り37枚。クチボソ12尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分。8時間00分の釣り。8.75/1時間。クチボソがとてもたくさんいました。うるさいです。

朝の水温 25 1℃上っていました。

朝の気温 21 午後2時半で33℃。酷暑。晴れ。午前中無風状態。午後から南寄りの風がやや強く吹きました。パラソル使用。暑かったと思いました。風は午後パラソルを心配する程度に吹きました

釣り座 102 実績のある釣り座。本日はクチボソの攻撃が激しいです。

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺→14尺→10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ33cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ240cm。ハリス0.6号。14尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

午前中早い時間帯が入れ食いで、10時過ぎからクチボソアタリが頻発してヘラの食いアタリが減少しました

ヘラが釣れない時間帯がありましたので14尺を出しました。ここもクチボソが多くてヘラを11枚釣って10尺に戻しました。

午後1時過ぎからは南風がときおり強く吹いて、ウキが波にもまれてアタリの見分けがつかなくなりました。それでも辛抱して振り込みを続行してカチッと波の間にみえるアタリをアワセて釣りました。

ザリガニもいたと思いましたが釣れてきませんでした。

私の左に長ザオの底釣りの人、両ウドンで7枚釣れたところで宙に変更しました。聞いたところ理由はクチボソとザリガニのアタリでヘラが釣れなくなったからだそうです。メーターの宙で始めて納竿の時はほぼカッツケの釣りになっていたようです。その人の前はヘラの寄りが凄くてサオを持っていかれないか他人事ながら気になりました。

本日は底釣りは結局私一人だけ。目標の大台には届かないので風が強まったこともあり2時に上りました。

なお、家族からは1時間後に雷雨がある、というメールが届き、情報提供が嬉しいのですが、私としては空模様を眺めながらの釣りで、結局納竿の理由は風波のためでした。帰路、市川に入ってから小雨になりました。雷は鳴りませんでした。

釣果データ202177日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 110 累計3,432枚。釣行62回。55/回。余り22枚。ザリガニ1尾。クチボソ14100枚以上今季9回目。満足できた釣りでした。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。12.94/1時間10尺で58枚、14尺で52枚でした。クチボソの攻撃が激しくなり、ヘラの食いアタリが遠のいたのでサオを替えました。正解だったと思いました。14尺サオで「ほぼ入れ食い」状態が続きました。嬉しいです。

朝の水温 24℃ 1℃上っていました。

朝の気温 20 午後3時で28℃。曇りときどき雨。午後は曇り。無風状態。午後から北寄りの風から東の風になりました。ウキが流されてやや釣り辛いです。テント使用。暑かったと思いました。

釣り座 102 実績のある釣り座。食いアタリがよく続きました。

ウキ 尺半 #10#9 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺→14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。14尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

元エサを小分けして35回そっと押しました。水分補給はしたりしなかったり。元エサのママで良く釣れました。

本日はエサの状態がヘラの食いに「ほぼピッタリ」とあっていたようです。こんなときなまじ手直ししない方が良いのです。過去の経験から

10尺でザリガニやクチボソを釣って、58枚までカウントしたところで、食いアタリのペースがものすごくダウンしました。ウキは動くのですがクチボソみたいです。

そこで10尺のエリアを見限ってサオを14尺にしました。これがまた大当たり。

双眼鏡で見ているとズズッ、ドン、カチン、食い上げなど多彩なアタリが出ました。取り込みに多少時間がかかりますが、振り込みのたびに釣れてくるので結構ペースは早いです。

本日は前回に続いて大釣りができました。

昨年夏場の6カ月間釣りができないでいて、10月から釣りを再開しました。現在の釣りは「体力維持のためのリハビリのつもり」の釣りです。そこで昨年10月に@釣り時間は8時間を目安A大釣り出来そうなときは0.51時間の時間延長B大釣り出来そうもないときは早上がり、ということを心がけています。

どうゆうわけでしょうか、本日も2時の時点で106枚でしたので、これで止めてしまおうと思ったのですが、30分延長して110枚にして納竿しました。どうやら身体も気持ちも8時間の釣りで慣れてしまったようです。8時間経過すると納竿したくなるから不思議です。昔は「10時間の釣り」をやっていて、自己最多記録更新を目指していたものです。最近は100枚に達するとそろそろ納竿しようかと、気持ちがそのようになるのです。

私の対岸に長ザオの底釣りが二人、ポツポツ。対岸の入口近くに短ザオの宙釣りが二人、入れ食い、サオを持っていかれた人がいました。私の右に底釣りが一人、ポツポツ。

本日のような食いアタリが、いつまで続くのか、見ものです。梅雨が明けるまでが良い釣りができると実績は記録しています。適度な雨が降り続けばいいのです。
釣果データ202175日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 116 累計3,322枚。釣行61回。54/回。余り28枚。ザリガニ1尾。100枚以上今季8回目。本日は久しぶりに大満足の一日でした。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。13.64/1時間。釣れない時間帯がありませんでした。コンスタントに釣れました。

朝の水温 23℃ 梅雨の大雨が三日続いたので下がったのでしょう。

朝の気温 19 午後3時で22℃。曇りときどき雨。無風状態。北寄りの風。テント使用。暑からず寒からず。

釣り座 29 釣り人が少ないだろうと思ってこの釣り座を選びました。思った通りでした

ウキ 尺半 #10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

タナ取りをしたら、ウキをクチボソがガンガンつつきました。凄いです。サオ掛けにサオを置いたらサオ先をまたまたツンツンつつきます。

これは本日はクチボソが元気が良すぎると思って、#10のウキをつけました。私としてはオモリが重い部類に入るウキです。ともかく一秒でも早く仕掛けを沈ませる算段でした。

これは思惑通りに行きました。ウキのナジミはいいです。

食い上げアタリが多いです。エサは手水を付けて2回だけ押しました。それをそっと丸めて付けました。水分を多くすると上ズリがありました。

本日はとても満足できた一日でした。というのは、久方ぶりにエサが落ちる範囲にヘラがチラチラと姿をみせたからです。こんなことは最近はなかったことです。

私の右も左も釣り人がいません。お隣さんはかなり距離があります。そんなこんなで、ヘラの寄りが良かったのではないかと思います。あとはヘラの活性が高かったことです。店の人が、どう、釣れてる??と声をかけてくれましたが、ウン、釣れてる!!!と答えました。返事を聞いて満足そうな表情で戻っていきました。

11時過ぎに茶色の大きなザリガニが釣れました。その後は一段と活発なアタリが出ました。

通っているとこのようなヘラのコンディションの良い日に恵まれることがあります。大満足でした。

底釣りは私一人だけ。ダブルはありませんでした。尻尾に引っかけたスレが3回ありました。型は交り、どちらかというと小型中型が多かったです。私はアタリを楽しみたいクチなので釣れるヘラの大きさにはあまりこだわりがないです

釣果データ2021年6月28日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 49 累計3,206枚。釣行60回。53/回。余り26枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。5.76/1時間

朝の水温 24℃ 

朝の気温 19 午後3時で23℃。曇り。北東の風、東の風。風はときどきやや強かったです。

釣り座 26 

ウキ 尺半 #8#9#10 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺、14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。14尺は道糸0.8号ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

10尺で41枚、14尺で8枚でした。14尺ではキロオーバーと思われる大型がたくさん釣れました。

底を回遊するヘラの数に限りがあるようです。610枚ほど釣れると極端に食いアタリがなくなります。エサ打ちして待っているしかないです。

私は24枚を10尺で釣ってから14尺を出してみました。

ダメ元でいいからです。釣り始めてすぐに入れ食いになりました。釣れるヘラは40cm級と思われる大型が6枚、700gほどの中型が2枚、スレ1枚でした。すると食いアタリが出なくなりました。いくらエサを打っても待ってもそうなのです。

あきらめて10尺に戻しました。ちょうど正午になりました。2度目のエサを作りました。

ヘラのランチタイムと私が名付けた時間帯にとてもよい食いアタリが出せました。17枚が追加できました。49になりましたのであと1枚を上りベラにしようと思っていましたが、それがなかなかヒットしません。食いアタリがストップしたのです。エサを打っても待っても辛抱しきれなくなって、上りベラは放棄して49枚で納竿しました。まことに中途半端な数になってしまいました。私の気持ちがプッツンしたからです。

底釣りは3名だけ、あとはみなさん宙釣り。私と友人の間に昼前に宙釣りの人が入ってカッツケの釣り。バチャバチャ音がして釣れてうるさかったのですが、何よりも私と友人の間に入られてしまったので、底釣りの二人は多分相当な影響を受けたと思っています。自分の釣れないことを人のせいにするのか、と思われるでしょうが、事実として影響大だったと感じています。

私の友人は私が上る直前で37枚とかと言っていたので、きっと、40枚は越したと感じています。上手になりました。

釣果データ2021年6月28日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 41 累計3,157枚。釣行59回。53/回。余り30枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。4.82/1時間

朝の水温 24℃ 

朝の気温 19 午後3時で29℃。晴れのちときどきくもり。北風、北東の風、南東の風などがぐるぐる回りました。風はやや強かったです。パラソル使用。本日は天気情報ハズレ。

釣り座 5 

ウキ 尺半 #8#9 ムクトップ 土日と発熱していましたので在庫にしていたウキにオモリを合わせておいて本日使いました。何回もウキを取り替えて使い勝手を試しました。

サオ シマノの刀春10尺、14尺、13尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。13尺と14尺は道糸0.8号ハリス0.4号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。

前回と同様のエサを作ってウキを取り替えながら使ってみました。Aのエサはこれからはだんだんと使いづらくなると思っています。私は@のエサをメインで釣りました。

本日は天気情報が外れで朝一からパラソルを出しました。

食いは渋いです。アワヅケはするのですが58枚ほど釣ると食いアタリが遠のきました。ウキのテストもありましたので、14尺、13尺などを出して釣りました。どのサオでも同じで7枚ほど釣れるとあとは渋いです。結局本日はサオとウキをとっかえひっかえしながウキのテストを兼ねて釣りました。食い渋りとはいえまずまず釣れたと思っています

ラストは食い上げアタリが頻発して、ヘラがかなり寄ったと感じたのですが、2時半で納竿しました。いい気分になったところで止めたのです。釣り続けると3時半までやってしまいそうでしたので止めました。

このページを御覧のみなさんに情報を一つ

625日午後5時に2回目のコロナワクチンを接種しました。午後10時に体温が37.2℃に上昇。

626日午前10時に体温が38.8℃まで上昇。この時点で解熱剤(ロキソニン)を1錠服用しました。午後5時の時点で38.2℃。

6月27日午前6時に体温37.8℃、午前10時に体温37.9℃、この時点で2回目の解熱剤服用。午後6時に体温36.6℃、午後10時で体温36.4℃。

6月28日午前1時に体温36.2℃、午前3時に36.0℃。

26日と27日はアイスノンを使用して頭と足を冷やしました。

6月28日は目覚めがよく体温もしっかりと下がっていましたので釣りに出かけました。もちろん家族が寝ている間にそっと忍び足で出かけました。ですので、本日の釣りは「病み上がりの釣り」ということで臨みました。目標は50枚でしたが届きませんでした。帰宅後の体温は36.3℃ということで平常でした。

釣果データ2021624日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 66 累計3,116枚。釣行58回。53/回。余り42枚。クチボソ1尾。ザリガニ2尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1430分。8時間30分の釣り。7.76/1時間

朝の水温 24℃ 

朝の気温 18 午後3時で22℃。晴れのちくもりのち10時頃から1時半頃まで雷雨。南東の風、降っている間は奇跡的に無風状態で、雨が止んでから強く吹きました。パラソル使用。

釣り座 21 この釣り座は10尺ザオで左側に根掛かりがありました。手前9尺は根あり。

ウキ 尺半 #8 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。

朝一で@とAのエサを作って使ってみました。エサは手水を足してしっかりと練って柔らかいものが本日は良かったです。硬めのものはカラツンのオンパレード。

午前10時までで25枚。ここで雨が強く降ってきました。いきなりです。朝一は太陽が出ていて晴れでしたので、私はパラソルを出していたのです。それが幸いして濡れずに済みました。他の人は大慌てでパラソルを出していました。

釣れ具合は、雨が水面を叩くように降っている間に、入れ食いとまではいきませんが、とてもよく釣れました。

お隣さんは宙でしたが、降雨中が良く釣れたと同意見でした。

正午過ぎに雷鳴が聞こえました。千葉の方からです。ちょっと遠いから大丈夫と思って釣りを続行しました。飛行機の爆音のような遠雷が2回だけありました。水光園の上は強い雨を降らせている雨雲だけが通過しただけで済んだようです。ラッキーでした。

型は交りでしたが手前に突っ込んでくると左サイドで根がかってしまいました。ヘラには逃げられ、仕掛けは切れてしまう、という結果でした。このようなことが2回ありました。3度目はヘラも獲れて上バリに土留めの板の腐ったものが20cm四方くらいのものがひっかかってきました。強引に引っ張ったからです。多分、杭とか板だとかが崩れてあるのかもしれません。

いずれにしても、取り込みに注意して釣るしかないのですが、本日は雨でパラソルでしたので取り込みに失敗したわけです。

朝早い時間帯にザリガニが1尾釣れました。2尾目は手前で落ちてしまって大きなハサミだけがハリに引っかかっていました。

クチボソは少なかったと思っていますが、ザリガニ、クチボソ、小ベラ、ヘラということで、朝の34時間はとても苦労したと感じています。

雨が強く降ってくれたおかげでヘラの寄りが実現したのかも、と思っています。

本日は空振りが結構多かったので、エサの消費量は多い一日でした。

釣果データ2021年6月21日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 70 累計3,050枚。釣行57回。53/回。余り29枚。クチボソ1尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分。9時間00分の釣り。7.77/1時間

朝の水温 24℃ 30cmほどの棒状の温度計に紐を結び、釣り座の真下へ先端が底へ着くまで紐を伸ばし、先端が底に着いたら5cmほど上にあげて、その状態を5分ほどキープしてから、目盛りを読む。あくまで底の水温であり、水面の温度ではありません。

朝の気温 18 午後3時半で28℃。くもりのち晴れ、南南東の風。パラソル使用。風は後ろから来ました。

釣り座 4 

ウキ 尺半 #9#8 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺→景仙14尺→10。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。14尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ @(ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc1回作りました。A(ダンゴの冬100cc+α21 20cc+(水120cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日は釣り人が少ないだろうと思って4番に座りました。

@のエサで#9のウキで始めました。食いアタリが思ったように出ないです。というのは、私の期待している食いアタリというのがあるのですが、それが出ないのです。ただし、ウキは動いています。1枚釣れました。

ひょっとして、と思って、ウキを#8にしてみました。エサは手水を足して良く練りました。それを私としては普通の大きさに付けて投入したら、なんと、ウキがしっかりとナジムではないですか。

本日はヘラも上ズッテいないし、クチボソもうるさいほどにはいないようです。それで釣っていて10枚になりました。ただし、2時間経過でした。これでは1日釣っても40枚程度で終わりです。

私の経験則が胸の中でムズムズしていました。そこで、冬のエサをブレンドしました。Aのエサです。クチボソが多ければナジミが出なくなる恐れがありますが、イチかバチか試してみました

Aのエサは元エサを小分けしてそれを押して5回ほど軽く練ってみました。ネッチリモッチリした、感じの良いタッチになりました。

本日はそのエサで大正解でした。食いアタリはドンと入るアタリ、消し込みアタリ、ウキが戻ってからのチクッのアタリ、食い上げアタリなどがたくさん出せました。

20秒ほど待っていて食いアタリがないときは、積極的に誘いを掛けました。サオを手前に引いてウキとラインを手前に動かしたわけです。ヘラが追いかけてくるまで58回ほどは誘いましたので、ハリに付けたエサがそれに耐えるようなエサだったことです。

本日の釣果のうち40枚ほどは誘って釣ったものと思っています。

28枚釣ったところで10尺のラインで食いアタリがとても少なくなってしまいました。ヘラの回遊を待つ間を利用して14尺を出して釣りました。ポツポツポツと釣れて15枚をプラスしました。Aのエサの2回目を作ってから10尺に戻しました。期待した通りにヘラが戻ってきていました。納竿まで誘って誘ってという釣りを続行しました。本日はそのようなヘラの食いの状態だったと思いました。ヘラも「動くエサ」に敏感に反応するのです。誘わないで釣れ続くときは大釣りができてしまいます。

私の右に宙釣りが二人、ポツポツ釣れていました。対岸に底釣りが3人、始めは食いが今一だったように見受けましたが、段々と釣れてきたように思いました。

他の人たちの釣りは見えませんでした。

 

釣果データ2021年6月18日(金)分

白井市の水光園 ヘラ 36 累計2,980枚。釣行56回。53/回。余り12枚。クチボソ15尾。ザリガニ1

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1300分。7時間00分の釣り。早上がり。5.14/1時間。底釣りは食い渋りだと感じました。

朝の水温 24℃ 1℃下がりました。

朝の気温 18 午後1時半で28℃。晴れ、北風、南風など風が回りました。パラソル使用。

釣り座 114 空いていたので座りましたが不発でした。

ウキ 尺半 #9 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺→16尺→景仙13。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。13尺と16尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

私としては予想外の食い渋り。クチボソが凄いです。なるべく元エサのママでしっかりと押してハリにしっかりと付けてクチボソアタリを見逃す作戦でした。

10尺で20枚を釣りました。そこでザリガニを釣ってしまいました。クチボソとザリガニでもう嫌になって16尺を出しました。避難したわけです。16尺で5枚を釣りました。ここもクチボソで凄いです。私としては相当辛抱したのです。

そこで13尺にしました。11枚を釣りました。だんだんとクチボソアタリが少なくなってきました。ですから、これからの時間帯が期待できたわけです。

しかしながら、将棋の棋聖戦の様子が気になってしまって仕方ないです。思い切って午後1時に納竿しました。またまた別の日に釣りをすればいいからです。明日があるさっ、という具合です。

釣果はもやもやした感じでしたが、棋聖戦は藤井惣太二冠が勝利いたしました。万歳でした。私の孫のような青年、よくやった。

釣果データ2021年6月16日(水)分

白井市の水光園 ヘラ 65 累計2,944枚。釣行55回。53/回。余り29枚。クチボソ4尾。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1315分。7時間15分の釣り。早上がり。8.96/1時間。雨がポツポツ来ましたので急いで納竿しました。

朝の水温 25℃ 少しずつ毎回高くなっています。

朝の気温 20 午後1時半で25℃。曇り、南東の風微風、時々やや強く吹きました。パラソル使用。薄日もさして暑いくらいでした。雨がポツポツきたのでパラソルを濡らしたくなくて納竿。身体も濡れるので中止。朝、雨が降っていればテントを出したはずでした。

釣り座 23 実績のある釣り座です。釣り人が少ないだろうと思ってここに座りました。

ウキ 尺半 #9 ムクトップ 

サオ シマノの刀春10尺。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

この釣り座は8尺と9尺は根掛かりがガリガリでしたので10尺を出しました。朝一のタナ取りで判明。

ヘラはとてもよく寄ったと感じました。しかしながら、それ以上に、クチボソの攻撃が極端に多いです。投入する場所のエサが落ちる付近はクチボソの大群がひしめいていて、きらきらとヒラを打つのが双眼鏡で見えるのです

そこで、エサは元エサのママ小分けしたものを5回ほどしっかりと押してそれをやや大きめにハリにしっかりと付けて投入しました。底へ届くまでにクチボソに触られて小さくなってしまうからです。

ウキが立ちますと、クチボソアタリを見逃していると、ドンと入るアタリ、ズズッと食い上げアタリ、消し込みアタリなどが多発いたしました。

本日は釣り人が少なかったせいでしょうか、どなたの周辺にもクチボソが群がってしまったようです。

宿はクチボソの駆除をしているようですが、クチボソの産卵だとかで、動きは活発なように思いました。

本日は、雷注意報が出ていましたので、雲の様子を見ながら、冷たい風がやや強く吹いて雨が降ってきたら中止しようと身構えていましたので、115分に「サッ」と道具を仕舞って納竿致しました。

釣れるペースとしては10/1時間前後ということで、なかなか入れ食いタイムがなかったので、大釣りは後日の楽しみということで、本日は早上がりしました。

釣果データ2021年6月14日(月)分

白井市の水光園 ヘラ 111 累計2,879枚。釣行54回。53/回。余り17枚。クチボソ1尾。100枚以上今シーズン7回目。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1500分まで9時間00分の釣り。12.33/1時間2時半納竿予定でしたが納竿間際に入れ食いになってしまって30分延長しました。

朝の水温 24.5℃ 

朝の気温 20 午後3時半で22℃。雨、ときどき曇り、正午前から午後になってやや強く降りました。南の風少々、気になりませんでした。風と雨が強まってから涼しすぎるくらいになりました。テント使用。

釣り座 25 実績のある釣り座です。本日のような天候なので座ることができました。

ウキ 尺半 #9 ムクトップ 

サオ シマノの景仙・桔梗9尺→景仙14。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.614尺は道糸0.8号、ハリス0.4号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

本日はどなたも釣れていたようですので、私が納竿するときに全員がまだ釣っていました。上ったのは私だけ

みなさんが納竿しないということは、理由の一つに「釣れているから」というのが絶対にあったと思うのです。

本日のようなヘラの活性が比較的に高い日に当たりますと、釣りを止めたくないです。

私は、4時まで釣るか、釣らないか、と逡巡して、結局のところ、体力温存ということで3時に納竿致しました。

予定の8時間の釣り、ということからすれば、1時間も延長したことになりました。

100枚を超しましたので2時半に上るつもりだったのですが、2時過ぎから入れ食い状態になってしまったので30分延長しました。

本日は午前中5時間がとても良い釣りで、中だるみ時間があって、午後1時前から食いが復活いたしました。

原因はやや強い降雨だったと思いました。上ヅリ加減のヘラが雨で鎮まったと感じています

本日は月曜日で、雨降りということで、風も吹かず、好条件なので、期待して釣行致しました。今年の100枚釣りはほとんどが月曜日の釣果です。なぜか活性がわりと高い日になっているようです

本日のエサは元エサを小分けして@5回ほど押すA@のエサに上に手水を足してひっくり返して下の部分に手水を足してそれを軽く5回ほど練ったもの、の2種類で終日釣りました。水分補給は極めて控えめに致しました。空ツンが多くなったらAのエサに切替え、上ヅリ加減になったら@のエサにする、という一日でした。

朝一は9尺で45枚を釣って、食いアタリが少なくなったので14尺にしました。14尺で61枚を釣りましたが、途中食い渋り時間があった時に12尺にして5枚を釣りました。この釣り座は12尺がとても深くて14尺の方がずっと浅いです。本日は手元の浅い所と14尺の浅い所で釣れたということです。12尺は気に入りませんでした。

型は混じりですが、大型がたくさん釣れました。14尺でダブルが3回ありましたがテントなので取り込みがとても大変でした。

釣果データ2021年6月12日(土)分

白井市の水光園 ヘラ 48 累計2,768枚。釣行53回。52/回。余り12枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。6/1時間

朝の水温 24℃ 

朝の気温 18 午後2時半で28℃。曇りときどき晴れ。南の風。朝一の2時間はとても涼しかったです。

釣り座 71 実績のある釣り座ですが、今シーズンは100枚以上釣れていないです。

ウキ 尺半 #9#8 ムクトップ 

サオ シマノの景仙12尺、景仙・桔梗9。道糸1号、ハリ、上、オーナー改良スレ糸付3号茶バリ23cm、下、オーナー改良スレ糸付金バリ230cm。ハリス0.6号。

エサ (ダンゴの冬100cc+ダンゴの夏100cc+ヘラスイミー100cc+(水150cc+(バラケマッハ100cc2回作りました。

前回と同様のペースでした。

朝一は12尺を出してみました。振りきると前方の工事用台船に届きます。

集金があるまではとてもよく釣れました。ツンツンと入ったのです。この釣り座は屋根がついていますので日影になっていいのですが、ときどき、サオがカチンと屋根に当ります。サオを気にする人はどうでしょうか。

対岸に宙の人が来ました。その頃になってポツンポツンの食いアタリになりました。丁度いいか、と思って9尺にしました。

やり始めはツンツンと良く入りました。続けて5枚も釣れました。そのあとはまたまたぽつぽつの釣りでした。それでも途切れなく釣れましたので辛抱できました。

型は混じりでした。特別大きいのはいませんでした。

ヘラのご機嫌が良い日に当たりたいのですが、それがなかなかどうして、そのようにはなりません。

釣果データ2021610日(木)分

白井市の水光園 ヘラ 50 累計2,720枚。釣行52回。52/回。余り16枚。

釣り方 バランスの底釣り、両ダンゴ

釣り時間 600分〜1400分まで8時間00分の釣り。6.25/1時間

朝の水温 24℃ 

朝の気温 18 午後2時半で30℃。晴れ。東寄りの風。朝一の2時間はとても涼しかったです。タオルを首に巻きました。パラソル使用。

釣り座 110 

ウキ 尺半 #9#10#8 ムクトップ 

サオ シマノの刀春